インフルエンザの感染経路は?熱が下がってから(解熱後)でもうつるの?

infulenz-kansenkeiro

インフルエンザが流行していますが、その感染経路はどこから来るのでしょうか。
また熱が下がってからでも人にうつることはあるのか?
インフルエンザだった人はまたうつしてしまうんでしょうか

気になる点をお話していきます。

スポンサーリンク

インフルエンザの感染経路は?

2つの感染経路があります。

飛沫感染

感染した人の咳やくしゃみ、会話などでインフルエンザウイルスを含んだ飛沫が飛び散ります。
それを健康な人が口や鼻から吸い込むことによって体内に入り込み、体内で増殖し、発症すること。

接触感染

感染した人の咳やくしゃみ、鼻水などがついた手でドアノブやスイッチ、手すりなどの共有物に触れることで、
間接的にウイルスに感染すること。

どちらにせよ、感染者の唾液や鼻水にウイルスが含まれており、
それらが感染源になっていることがわかります。

インフルエンザが感染しても発症を抑えることはできる?

抗インフルエンザウイルス薬の服用は適切な時期から行うと、
発熱期間は通常1~2日間短縮され、ウイルス排出量も減少します。

スポンサーリンク

発症から48時間以内に開始することをおススメします。

なお、症状が出てから2日=48時間以降に服用を開始した場合、
十分な効果は期待できないようです。

効き始めに病院に行かれることをおススメします。
ですが、発症していないと実はインフルエンザ、とわからないこともあります。

自らも対策をしっかりとっておきたいものです。

インフルエンザ感染は解熱後でもうつるの?

ウイルスの排出は最長で2週間継続するようです。

解熱後3日程度で大抵の場合はほとんど感染力は無くなりますが、人によっても様々です。
他の家族が保菌者となっていれば感染する可能性がない、とは言い切れません。
ですが、一般的な家庭内での感染率は10%と高くないので、あまり神経質にならないようにしましょう。

重要なのはインフルエンザを乗り越えるだけの元気があるか、
インフルエンザを乗り越えるだけの体力、気力がちゃんとあるか、です。
普段元気なら、感染するかどうかはあんまり気にする必要ないので、
免疫力を下げず、体力も落とさず、気落ちもせず、予防しましょう。

まとめ

私は、具合が悪くなり一度検査したけれど、インフルではない、と言われました。
ですが、数日して悪化。
その際の検査して、帰宅。
その場ではその時もインフルではない、と言われたのですが、
処方箋をお願いしている方から、インフルだと、連絡が来たので処方が変わりました、と言われました。

そういうこともあるので、ご注意くださいね。

※合わせて読まれている記事はコチラ
>>インフルエンザ家族の感染予防。隔離はいつまで?お風呂には入れるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする