花粉症の事前対策は何をする?飲む薬やお茶などについて

kafunshojizentaisaku

花粉症の季節、毎日がつらくて仕方がない、という方は多いです。
毎年決まって花粉症の症状に悩まされる方、アレルギー体質の方はもちろん、
昨年までまったく症状がなかったのに、突然発症する方もいらっしゃいます。

花粉症は今や3人に1人がかかっている「 国民病 」
一度発症してしまうと完治が難しいと言われています。

花粉症の予防は、花粉が飛び始めてから、症状が出始めてからではもう遅いとのこと。
花粉情報にはいつも注意して、早め早めの花粉症予防対策をとり、
つらい花粉症の季節を少しでも楽に乗り切りましょう。

スポンサーリンク

花粉症の事前対策には何をする?いつくらいから対策するの?

花粉症予防の点から考えると、花粉症治療の主流となっている抗ヒスタミン薬の服用も、
花粉が飛び始める2~3週間前から始めることをおススメします。

薬の効果が現れるまでに、必要な時間が2~3週間と言われています。

まだ鼻の花粉症によるアレルギー炎症がすすんでいない状態で初期治療をしておけば、
花粉症の症状が出始めても、重症にならずにすみます。
例えば、花粉症レーザー治療は花粉症が出始める1か月以上前には治療を終えておくほうが効果的。

花粉症をすでに発症し苦しい思いをされた方は、来年の花粉症を予防、軽減するためにも、
春になる前から考えることが重要と思います。

花粉症予防・対策=初期療法として薬を服用すると効果が高いのは、
アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤を花粉が飛散し始める2週間前から服用するのが良いとされています。

またシーズン中に、
「 今日は花粉の量が少ないから 」
「 花粉症の症状が現れないから 」
といって薬を服用止めたりしてはいけません。

症状がまた表れてしまったり、症状を抑える効果が半減するので、シーズン中は飲み続けるようにしましょう。

花粉症の事前対策におすすめのお茶は?飲み方は?

春先になると、花粉症の特集が行われ、花粉症に効く食べ物や飲み物が紹介されています。
その中のおススメの1つは「 甜茶 」があります。

注目は「 GODポリフェノール 」
甜茶には豊富に含まれています。
くしゃみや鼻水などの花粉症アレルギーの症状は、ヒスタミンが生成されることで発生します。
このヒスタミンの生成を抑える効果がGODポリフェノールにはあるといわれており、アトピーなどの皮膚疾患やかゆみにも効果的とされています。

お茶にはカフェインが含まれていますが、甜茶の場合、お茶の一種ですがカフェインが含まれていません。
このため、老若男女関係なく手軽に飲むことができます。

甜茶にもいろいろ種類があるので、
「 バラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子=テンヨウケンコウシ 」を選びましょう。
困ったときはお店の方に「 バラ科の甜茶 」と、お伺いを立てましょう。

甜茶の飲み方は、甜茶エキスを一日80から120mgを目安に摂取しましょう。
花粉症対策として効果がある量といわれているそうです。

まとめてたくさん摂取するのではなく、
常時、体内で甜茶エキスが働けるよう、なるべく、朝・昼・晩と分けて、毎日最低3回、
欠かさず飲むように習慣をつけると効果的です。

スポンサーリンク

例えば、甜茶1パックを一日分として飲むと考えるのはいかがでしょうか。
市販ではティーパック式の甜茶が多く、甜茶エキスを抽出するため、
甜茶1パックを500~600ccの沸騰したお湯に4~5分ほど入れておき、
温かい状態で飲むようにすることで、体内で甜茶エキスの吸収率を良くします。

また、お茶を飲む程度では効かない、という方には、甜茶葉を炒って水分を飛ばし、粉末にされたほうが圧倒的に効きます。
よく炒って、指先でパラパラとほぐしましょう。
漢方の要領で、粉薬と同様に水と一緒に服用するといいようです。

茶葉一匙分で煮出したお茶を一日分として数回に分けて飲んでも大丈夫。
ですが、直接服用してしまう方が効果的です。

また、美容面でも人気な「 ルイボス茶(ルイボスティー) 」もおススメです。
効能として、アトピー性皮膚炎、花粉症、鼻炎、喘息などといったアレルギー性疾患の症状の緩和や改善に有効な作用をもたらすと言われています。

ルイボス茶に含まれる「 SOD=スーパー・オキサイド・ ディスムターゼ 」の働きにあると考えられており、
抗酸化作用により免疫力を高め、アレルギー抑制作用によって痒みや腫れなどといった炎症反応を抑えることに効果的と言われています。

ルイボス茶もノンカフェイン、ノンカロリーですので、
就寝前はもちろん、カフェインの摂取を気にされる妊娠中の女性の方でも安心して飲むことができます。

どちらも、しっかり煮出したいものですが、ティーバッグを入れっぱなしはよくないので、
煮出しが終わったら取り出しておきましょう。

花粉が飛ぶ2~3週間前から飲み始める
あらかじめ、体内でしっかり活性化させてておき、免疫力をあげておきましょう。
花粉に対して過剰に反応してしまう前から、細胞を落ち着かせておく必要があります。

花粉症の事前対策におすすめの薬は?

飲み薬では花粉症を完治させることは出来ませんが、服用することによって、

「 シーズン中の花粉症の症状を軽くすることが出来る 」
「 早めに服用することで症状を予防したりコントロールすることが出来る 」

ことが可能です。

ただ、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤などは、副作用として眠気や倦怠感が現れることがあるので、注意しましょう。
急に花粉症の症状が現れた時に使われる「 第一世代抗ヒスタミン薬 」は、即効性が高いものの副作用も強いとのこと。
早めに副作用の弱い花粉症の薬や免疫力をあげるよう務めて、症状をコントロールする「 初期療法 」が大事になります。

眠気の少なさを重視するなら

「 フェキソフェナジン 」
「 ロラタジン 」

フェキソフェナジンとロラタジンは、どちらも中枢神経への副作用が起こりにくい薬剤として知られています。

有効性を重視する場合は

「 レボセチリジン 」
「 オロパタジン 」
また、フェキソフェナジンは、有効性の面でも医師の評価が高いようです。

お薬に加え、マスク、ゴーグル、うがいといった一般的な対策はもちろん、
点鼻ステロイドや漢方や甜茶、鼻うがい、加湿などの対策も友好的です。

酷い場合は医師や薬剤師とご相談ください。

まとめ

今や日本では4人に1人は花粉症だそうです。
スギやヒノキなどの花粉は時期があるかもしれませんが、ブタクサなどは年中です。
軽い時期や開花時期前から、早めの「花粉症対策」を心がけましょう。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>花粉症対策、薬はいつから飲むのがいいの?事前に準備しておくなら?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする