壁穴の目立たないフックがあるの!?これなら壁に時計や額縁を飾れる。

賃貸に住んでいるため壁に穴を開けられない。
でももらった絵を飾ったり、壁掛け時計くらいはつけたいなぁ~

飾るとすれば、重さも大きさもそこそこあるし、
そんなモノたちを飾るにはどうしたらいいのか。

できれば穴が目立たないフックを使ってひっかけたい。
そういう場合にピッタリの小道具をご紹介します。

スポンサーリンク

賃貸マンション壁に時計や額縁を飾る方法

重さがそこそこあるものを壁に飾りたい場合は、想像されているように
フックタイプのものが良いでしょう。

そして飾るものの重さをだいたいで良いので把握しておきます。

その重さと商品の「耐荷重」を比べてみて、範囲内に収まるものであればOKです。

この条件にピッタリ合致してくれるのが「ハイパーフックかけまくり」です。

hyper-kakemakuri

ネーミングがまぁ、そのまんまって感じですけど^^;
通販でもかなりの人気商品ですよー

→ ハイパーフックかけまくりはこちら

耐荷重の種類もいくつかあり、使う用途によって選べます。

Sサイズ=1個あたりの耐荷重が3キロ~で
他にも1個あたり耐荷重7キロ~のタイプもあります。

耐荷重のあるフックはたくさんあるものの
穴が目立たないタイプのものは少ないと思うので、

両方そろったこの商品はとても魅力的ですね

壁穴の目立たないピン、画鋲

今回のテーマが壁穴の目立たないフックだったのですが

スポンサーリンク

ついでに壁穴の目立たないピンや画鋲についても知っておいた方がいいかもしれません。
これがあるとポスターや写真なども気楽に貼れます。

最近、人気を集めているのが ninjya pin (ニンジャピン)です。

ninjapin1

ninjapin

このニンジャピンは抜いても穴が目立ちません。
針の構造に秘密があるみたいですね。
ハイパーフックかけまくりの画鋲版みたいな感じです^^

→ ニンジャピンはこちら

私が中学生や高校生の時、
自分の部屋にポストカードを貼ったりポスターを貼ったりするのがマイブームな時期がありました。

その時は賃貸ではなかったですし、どうせ古い家だし。
ってことで穴があくのを気にせずベタベタ貼りまくっていましたが、

思い出してみれば、あの部屋の壁は穴だらけ・・・

見た目も穴だらけでした^^;

家を出てひとり暮らししてからは穴を気にしないといけなくなったので
物を飾るのに躊躇していました。

こんなのが昔からあればなぁ~~~。。。

と思いました^^;

※この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
>>毎日使う布団収納で部屋をキレイに。押入れがなくても片付く方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする