ベランダに赤い小さい虫の正体は?殺虫剤はNG。正しい駆除法

ベランダに小さな赤い虫が!コンクリート壁や地面にもところどころプツプツと。
この赤い小さい虫の正体は何?

どうやって退治したらよいの?
この虫は殺虫剤を使うのはNGです。そこで正しい駆除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ベランダにいる小さな赤い虫の正体は?

このベランダにいる、小さな赤い虫の正体はおそらく(宝ダニ)タカラダニと呼ばれる赤ダニだと思います。
このダニは、潰すと赤い汁が出ますので、ベランダに服を干しておくと、何かの拍子で服に色が
ついてしまうこともありますので注意が必要です。

水の多いところに生息し、集まっているため、
昔の人は井戸を探す時に、のダニがいる場所を目安としていました。

そのことから「宝ダニ(タカラダニ)」と呼ばれるようになったそうです。

大きさ・・・約1mm
主に暖かく、水のある場所にいる
人間への危害・・特にナシ

人間への危害がないとのことなので、ハチとかに比べればまだ安心なのかもしれませんが、
それでも気持ち悪いし、できればいなくなって欲しいですよね。

赤い小さい虫(タカラダニ)の正しい駆除方法

先ほども特徴の中でお話しましたが、潰すと赤い汁が出てしまいますので
ほうきではらうなどをしてしまうと、汁が出てコンクリートに色が移ってしまいますので、
その方法はやめておきましょう。

また殺虫剤を吹きかけても全然効かなかったという話も聞きます。

タカラダニは「水に溺れさせて窒息させる」という駆除方法が一番向いています。

<準備するもの>
・食器用洗剤 30ml
.洗濯糊 30ml
・霧吹き
・500mlのペットボトル
・水

スポンサーリンク

これらを用意して液体を作ります

<作り方>

1、ペットボトルの中に食器用洗剤と洗濯糊(もしくはスティック糊の液体)をそれぞれ30mlずつ入れます
2、残りはすべて水を入れます(すでに60ml入っているので、残り440ml程度)
3、ペットボトルを振って混ぜます

液体ができたら霧吹きに入れ、タカラダニの上から多めに吹きつけます。
糊の成分が入っていることで、皮膜が出来、液ダレを防止してくれます。

またコンクリート地面など、水平な場所にいる場合には
水たまりができる程度に多めに吹きつけます。
(これをすることで、赤ダニが溺れて窒息します)

その後、30~60分程度で吹きつけた液体が固まってくれますので、
あとは風で飛ばされていくのを待つだけです。

すぐに処理したい場合は、すでに固まっているので掃除機で吸い取る、ガムテープで優しくくっつけて取る、
ほうきで掃く、うちわであおぐ などで駆除しましょう。

タカラダニの駆除は急がずに

上記までにご紹介した方法で駆除もできますが、広範囲に及んでいる場合、
一気に全部を駆除できない場合もあります。

殺虫剤ほど費用もかかりませんので、
広範囲、頻度多くやってもさほど気になりませんので
何日かごとに分けてやるようにすると良いですよ^^

※あなたにオススメの記事はコチラ
>> ベランダに蜂が来ないようにするためのテキメンな対処法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする