ベランダに蜂が来ないようにするためのテキメンな対処法

暖かい季節になり、ベランダで洗濯物を干していたり、洗濯物を取り込もうとすると、
蜂がやってきたり、

気がついた頃にはベランダをハチがブーンブーンとウロウロしていたり。

ひどい時には、室外機の下や換気口のところに蜂の巣を作ったりされてしまいますよね。

しかも気づかないうちに目立たないところで作られていたりして、これがまた結構厄介なんです。

そこで今回はベランダに蜂が来ないようにしたり、蜂の巣を駆除するためのテキメンな対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

ベランダに蜂の巣ができてしまったら・・・駆除はどうするか

もし、まだ蜂の巣が小さいようでしたら、自分で駆除するのが早いでしょう。
私の場合、一度、見て見ぬフリをしていた頃がありましたが、みるみるうちに大きくなってしまいました。

大きくなりすぎている場合は、蜂駆除会社に連絡するか
賃貸であれば管理会社に連絡すると、対応してもらえるところが多いです。

また、蜂の巣がまだ小さい場合は、
蜂が活動を休んでいる時間帯「夜」に、マグナムジェットなどの 数メートル離れている距離からでも
吹きかけられるジェットスプレーを吹きかけて退治します。

その後、蜂の巣を棒などでつついて落とし、袋に入れて処分します。

また、ハチは煙を嫌うので、小さい蜂の巣であれば、
蚊取り線香を3,4個用意して蜂の巣の下で煙をたいておきます。

その煙を嫌って逃げていくので、逃げた頃を見計らって巣を落とす。

(ただ、念のためハチ退治スプレーは合ったほうが良いです)

スポンサーリンク

ベランダにハチが来てウロウロしているので来ないようにしたい

蜂の巣も駆除した、蜂の巣がない
それなのにハチが頻繁にベランダに来てウロウロしている。

「もしかして巣を作るところを探してるんじゃないでしょうね??」

と心配になることもありますよね。

この場合も、ハチが来ないように
ハチ退治用のスプレーを近辺に巻いておく、

バポナを置いておく

ハッカスプレーを頻繁に巻いておく
等の対策をしておきましょう。

一番コストパフォーマンスが良いのは、ハッカスプレーです。

ドラッグストアに売っている市販のハッカ油を買ってきて
水を200ml程度入れたボトルに2,3滴たらすだけでハッカ水が出来上がるからです

あとはスプレーボトルに入れて、まわりにシュッシュと吹きかけていくだけでOK。

ハッカ油を垂らしすぎて多くいれすぎると濃度が濃くなりすぎて
自分の鼻も「ツーン」としてしまい、刺激が強いので 2,3滴程度にしておきましょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
>>ニームの木の効果。蚊や虫よけにはどう?育て方(水やり・肥料・冬場)
>>カメムシ対策。ベランダに寄せ付けない万全な方法について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする