結婚式を欠席する場合のご祝儀の金額相場は?送り方は?

kekkonshiki-kesseki-syuugi-souba

結婚式を欠席する場合のご祝儀について、
金額相場や送る時期は何時ごろが良いのか悩みますよね?
一般的な例に加えさまざまなケースを紹介しながらお答えします!

スポンサーリンク

結婚式を欠席する場合のご祝儀の金額相場はどれくらい?

一般的なご祝儀の相場は3万円と言われています。
やむを得ず出席出来ない場合、お祝いの金品は
ご祝儀の半額~1/3くらいが目安とされています。

出席した場合は食事費用と引き出物として1人に付き
1万5千円~2万円位は大体必要である事からそれらを差し引きし
1万5千円、1万円くらいが相場になりますが
実際1万円を送る事が多いようです。

一万円札一枚はキリもよく慶び事には良いです。
少なく感じるようでしたら贈り物の品物を添える事も
あるようです。

あくまで挙式1ヶ月前までに欠席を知らせた場合です。
この頃までは料理のキャンセルが出来るので
新郎新婦への実費負担がかかりませんが
挙式直前にドタキャンした場合は費用が発生し迷惑もかけてしまいます。

この場合は予定金額の全額を贈るのが常識です。
お祝いを贈る際は新郎新婦の負担を考慮して
臨機応変に金額を決めるのが良いかと思います。

例えば自分の結婚式への出席してもらった時に3万円
包んでもらった相手へのお祝いならそのお返しとして
同じ金額の3万円を送る、などバランスを考慮します。

欠席なのに2万~3万渡しても逆に相手が恐縮し
お祝い返しに半返し以上の負担をかけてしまいます。
欠席する場合も相手への気遣いが大事ですね。

一般的には「1万円」が無難で相手も受け取りやすい。
これまでのお付き合いや贈られたものを考慮して
現金+品物などバランスを工夫する、とまとめます。

ご祝儀はいつ頃送るのが良いの?

結婚式前に、当人と会う機会があればその際に
直接手渡ししましょう。
会う機会がない場合は、遅くとも結婚式の1週間前位
までに届くように郵送しましょう。

結婚式前(2週間~1ヶ月)の大安吉日に
自宅に届けるのが常識だと冠婚葬祭の本には良く
書かれてありますが、今日では「大安」「友引」等
暦・六曜へのこだわりは気にしない傾向にあります。

スポンサーリンク

結婚式に招待されていない場合は挙式後に送るのが良いです
理由は招待しなかった事を先方が気にする可能性があるからです。

遅すぎるのも問題なので挙式から2~3週間以内には
贈るようにしましょう。
新婚旅行から帰宅した後くらいがベストです。

失敗例として結婚式場に送ってしまったケースが
ありました。祝電や花などは良いのですがご祝儀を
式場に送ることは失礼になるので気をつけましょう。

結婚式を欠席する場合のご祝儀の送り方は?

直接手渡しがベストですが遠方で難しい場合、
金品のお祝いは現金書留郵便にて郵送します。

紅白の結び切りの水引がついたのし袋に現金を入れ、
のし袋をさらに現金書留の封筒に入れ送ります。
のしの表書きは「祝御結婚」は四(死)文字になるので
お祝いごとには避けます。「寿」「御結婚御祝」等を書きます。

封筒代や郵送料については、重さによって違いますので
郵便局の窓口で確認して下さい。

結婚祝いののし袋は、中に入れるお祝い金の金額に見合った
装飾・紙質の祝儀袋を使用します。
金額が少ないのに豪華なのし袋を使わないように注意しましょう。
1万円程度なら印刷された略式ののし袋でも大丈夫です。

のし袋に入れたご祝儀が現金書留封筒に入らない場合は
のし袋が入る大きなサイズの現金書留封筒も郵便局にあります。
入れる現金は新札を包むのを忘れないように。

現金書留は、手紙や物品を一緒に送れます。
もし、返信はがきを同封する事も可能です。
直接手渡せなくてもお祝いの気持ちをこめて
メッセージや手紙を添えるとよいですね。

ご祝儀と一緒に入れる手紙に書くと良い文例

【文例1】

ご結婚おめでとうございます
本来ならば直接お目にかかってお祝い申し上げるべきなのですが
ささやかながらお祝いをお贈りさせていただきます
結婚式までどうぞ体調を整えて臨まれますように。
お二人の出発を、心からお祝いしています。

【文例2】

ご結婚おめでとうございます。
せっかくご招待いただいたのに、どうしても都合がつかず、
出席できなくて本当に残念です。
本当は直接お会いしたいところですが、お祝いを郵送させていただきます。
お二人の門出が幸せに溢れているように心からお祈りしています。

まとめ

一般常識も大事ですが何より相手へのお祝いの気持ちが
うまく伝わりますように。少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする