日焼けした後の肌対策はどうする?正しいアフターケアの方法

暑い季節になり、外で遊ぶことも海に行くことも多くなりましたね。紫外線・日焼け対策としてお肌に日焼け止めを塗るなどの
対策はしているけれど、それでも日焼けはしてしまいます。

ただ、日焼けをした後の正しいアフターケアの方法を知っている人は案外少なかったり。
そこで今回は日焼け後の肌への正しいアフターケアをご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け後の肌への適切なアフターケアは?

日焼けということは、お肌が「やけど」をしている状態となります。
なので、やけどという観点で見ると、「とにかく冷やす」ということが重要で、

保冷剤をつかってスポット的に冷やすなどの対策をしましょう。

また、日焼け後の肌には化粧水やクリーム、オイルなどで「とにかく保湿」するということも肝心です。

このようにして、お肌を守ることもできますので、
いつもよりも頻度を多めに「保湿」していきましょう。

アロエは日焼け後の肌に良いのか

昔やけどをした時、母親が、「アロエをつけて巻いておきなさい」と言われました。
その頃、うちの家には、植物の鉢にアロエがあったんですね。

確かにアロエはやけどにいいと聞きます。

そのこともあってか、日焼け後の肌(顔など)にアロエをスポット的にペタペタ貼るという人もいるようですが、

スポンサーリンク

美容皮膚科の専門医に聞くと、
「アロエも注意が必要」ということでした。

というのも、アロエは確かに熱を取ると言われているが、
アロエは「植物」なので、植物そのものがお肌への刺激もけっこうあるとのこと。

お肌が弱い人は特に「かぶれ」などの心配があるので注意しましょう。

もしピリピリと感じるようなら貼らない方が良いです。

日焼けしやすい食べ物があるので注意しよう

外へ出る時間が多いとあらかじめわかっている日は、
朝食では日焼けしやすい食べ物を避けましょう。

レモン、グレープフルーツ、オレンジや、そばなども日焼けしやすい食べ物とされています。

これは、ビタミンの成分ではなく「ソラニン」という成分が入っているせいなんですね。

ソラニンは光によって活性化される物質で、紫外線を吸収しやすくします。

朝はこれらの食品を食べる人も多いですが、
海に行く日、外に出る時間が多くなる日は特に、

これらの摂取は控えておきましょう。

※あなたにオススメの記事
>>夏に日に焼けて黒くなった肌を白く元に戻したい。どうすればいいの?

スポンサーリンク