厄年女性の年齢は?厄祓いはいつどこでするのが良い?

厄年は日本古来の風習であり
元をたどると平安時代までさかのぼります。

厄年は科学的には何の根拠もなく、
まったく気にしない人は自分の厄年がいつなのかも知りません。

それでも周りの人に厄年に災難が降りかかったという
話を聞くとどうしても気になるし
その年齢が近づいてくると不安になります。

そこで今回は厄年の女性にスポットを当て
年齢のことや厄払いのことなど
1年を平和に過ごす為にとっておきに情報を紹介します。

スポンサーリンク

厄年女性の年齢はいくつ?

厄年には男性も女性も生まれてから3回は訪れます。
しかし男女によってその年齢は違います。

男性が、数え年の25歳、42歳、61歳に対して
女性は19歳、33歳、37歳になります。

また、その年齢を本厄といい、1年前を前厄、
一年後を後厄といいます。

女性の厄年で33歳は大厄と呼ばれていて
19歳や37歳と比べると一番大きな災厄になりやすく
気をつけなければいけません。

ただ、女性の19歳は今までと違って
転機を迎えやすい時期でもあります。

大学受験や就職、恋愛など、はじめての経験も多く
どうしてもストレスやいろんな壁にあたります。

それが厄年につながりやすいかも知れません。

また、女性には30代になってからも
2度、厄年は訪れますが
その年代は結婚や出産など今までにない体験を
することが多いです。

結婚では今までの生活がまったく一変しますし
出産では体調の変化が、かなりおきます。

そのように考えると女性の厄年の年齢というのは
科学的根拠はないとしても理にかなっている年齢かも知れません。

もうひとつ、厄年が心配という方はこういう考え方もあります。

厄祓いはいつする?

厄年には、前厄、本厄、後厄と3年続けてあるのですが

3年間、毎年行かないといけないのか?
1年だけ行って他は行かないとやっぱりよくないのか?

そのような疑問が生じる場合があります。

スポンサーリンク

しかしこの疑問の答えとして
あなたがいったいどれくらい厄を気にしているかに左右されます。

3年続けて行かなくても本厄だけでもかまいません。
前厄の時点で良くない事があれば
前厄、本厄、後厄と続けた方が精神的にも安心するでしょう。

また、神社仏閣など信仰しているところがあれば
そこで異なる場合もあるので前もって確認しましょう。

厄祓いはいつごろ、どこでするのが良い?

今年は厄年だから厄祓いに行こうと思っても
いつ行けばいいのかわからない。

厄年のことをすっかり忘れていて
今から厄払いに行っても遅すぎるとかも。
また、厄祓いってどこでやればいいの?

そう思っている人もいるかと思います。

厄払いは通常は元日から行く人もおり、
節分までの間にするのがもっとも一般的です。

しかしその期間を過ぎたからといって
厄祓いをしてはいけないというものではありません
その年の間であればいつでも大丈夫です。

また、厄払いは神社仏閣でおこない、
一年中厄祓いの受け付けをしています。

厄祓いの料金はどのくらいかかる?

なかなか分からない厄祓い料金ですが
一律いくらの金額というわけではありません

厄払いの料金の大体の相場は
3000円から5000円くらい
ですが
「お気持ちで」と言われることもあります。

これには、人それぞれ事情があるでしょうから
あえて無理に大金を払う必要はありません。

身の丈にあった金額を払い、
その代りきちんと神仏への感謝の気持と
お願いする本人の気持ちが大切です。

まとめ

さて、今回は気になる人には、とっても気になる
厄年についてでした。

一生の内、3回は必ずやってくる厄年ですから
平穏無事に乗り越える為に知らなくてはいけない
情報を紹介しました。

厄年が心配でしょうがないという人は
安心の為にも厄払いをしましょう。

※合せて良く読まれている記事

厄年とは?意味は?やってはいけないことってある?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする