自己紹介、面接で中途採用、転職の場合はどう話す?入れる内容は?

今の仕事に満足していない、不満がある。
他にやりたいことが見つかった。
結婚・出産などで働ける条件が変わった…等、
転職したい理由は人それぞれですが、
新たな人生のスタートをする会社ですから
面接のときに上手く自己紹介したいものです。
今回は、面接の話をまとめてみました。

スポンサーリンク

中途採用、転職の場合、過去の経歴などどこまで話す?

採用担当者にとって、
あなたがどういう業種・会社で
どれくらいの期間、どんな仕事をしてきたか
もっとも重要視されるところです。

同業種への転職の場合には、
短期間で戦力になることを具体的に
アピールしていきましょう。

異業種へのチャレンジの場合は
過去の仕事内容、そこで得た知識
それをどう生かしたいか話ましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=aYV7vr7-4×0

キャリアの浅い人は何を話したらいいか
分からないかもしれません。
しかし、短期間でも仕事をしていた以上、
何かを得ているはずです。

まず、
自分がどんな分野の仕事で
どのような業務を行ってきたのか、
詳細を書き出してみましょう。

応募先の仕事と関連があれば
アルバイト経験もプラスになる
事があります。

自分がどんな経験・能力を得てきたか
振り返ると、
仕事を通して経験した事、初めてできたこと等
必ず見つかるはずです。

もしかしたら、
自分が意識していなかった
アピールポイントが見つかるかもしれません。

自己紹介で話す内容に入れた方がいい項目は?

自己紹介では
前向きで会社に長く貢献できる人材
であることをアピールすることです。

そのためには、

スポンサーリンク
[note]

1.自分の強みは何か。
2.企業のリサーチ
(なぜ応募企業でないといけないのか)
3.応募企業でやりたいこと

[/note]

を把握しておかなければいけません。

上で話したような
自分の経験・能力の振り返りを行う事の他に
応募企業の情報収集を行ってみましょう。

採用担当者に訴えるには

「あなたの会社じゃないといけないんです」

という理由や情熱が必要です。

会社のHPやfacebookを見て調べてみたり
店舗があれば、直接行って見てみたり
会社説明会に参加したりすることで
実際の雰囲気を実感できるはずです。

自己紹介の例文

自分を知り、企業の情報収集を終えたら
話す内容をまとめてみましょう。

内容は、長すぎても短すぎてもいけません。

好印象を持たれるのは、

「簡潔かつ十分に、的確にポイントをまとめている」
ものです。

下記の自己紹介の例文サイトも
参考にしてみて下さいね。

http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/pr_sample

過去の経歴や自己紹介で
盛り込むべきでないものとして
批判や言い訳、評論があります。

不本意な転職でも、前向きな姿勢が大切ですし、
退職理由は、前職の会社批判を慎みましょう。

まとめ

いかがでしたか。
自分を見つめ直し、
応募企業の情報収集を行い
やりがいのある仕事を見つけて下さいね。

※あなたにオススメの記事
>>就活の面接で自己PR。履歴書と同じ内容ではダメ?例文のご紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする