厄年とは?意味は?やってはいけないことってある?

占いは、良いことなら信じるが悪いことは信じないと言う人が多いそうですが、
何でもファジーに受け入れて面白がるのが日本人の良いところなのでしょう。

嫌なことがあっても、そんなに深刻に受け止めないで受け流す。

そういう生活態度は生き辛い世の中を少しでも快適に過ごすための生活の知恵で、
「厄年」というのもそんな知恵の一つなのかもしれません。

今回は、何かと気になる「厄年」についてご説明します。

スポンサーリンク

厄年とは?意味は?

厄年とは、一言で言えば災難や厄災(やくさい)に遭遇しやすいとされる年齢のことです。

その起源は平安時代にさかのぼり、安倍晴明で有名な陰陽道にあるとされていて、
科学的な根拠は不確かで曖昧ですが広く信じられている風習のひとつです。

平安時代には、貴族を中心に厄除けのための厄払いが毎年行われていたようですが、
江戸時代になって暦の普及とともに、神社仏閣を中心に厄払いが流行し、
厄年という考え方も一般に広まるようになりました。

厄年の年齢は?男性、女性それぞれ

社会的な地位やポジションが替わり、生活環境が変化しやすい時期には
心身ともにつまずきやすい状況が発生し、災難に遭遇してしまう。

厄年はそういう人生の節目の時期だとされています。

ただし、厄年の具体的な年齢については神社仏閣によって定義が異なるため
一概にはこの年齢と断言できないようです。

なので、ここでは広く一般的に知られている内容をご紹介します。

スポンサーリンク

男性では、25歳、42歳、61歳。

女性では、19歳、33歳、37歳、61歳。

この内、男性の42歳女性の33歳

大厄(たいやく)と言い、
特に注意が必要な厄年とされます。


また、大厄はその前後にも災厄が及ぶとされ、

前年(男性の41歳、女性の32歳)を前厄、

翌年(男性の43歳、女性の34歳)を後厄、

大厄そのものを本厄と呼ぶ習慣があります。

厄年にやってはいけないことってある?

一般的には、起業、結婚、家の新築、引っ越しなど、自分の人生にとって
後々影響力の大きいイベントや事柄は、厄年の時期には避けたほうが良いとされています。

まとめ

嫌なことや辛いことがあった時、「今年は厄年だから」と自分に言い訳をして
起きてしまった嫌なことを厄年のせいにすることは誰にでもあると思います。

厄年は謂わば、日常生活を大過なく送る上で緩衝材のような機能を果たしているのかも
しれません。

また、逆に厄年だからとそのことに囚われ過ぎて、日常生活が窮屈なものに
なってしまっても仕方がありません。

厄年と言っても、社会的な環境が現代とは異なる平安時代の基準を
現代社会に持ち込んでいるわけで、かなり的はずれなことのような気もするので。

ここは、日本人らしく何事もファジーに受け止めて軽く受け流すのが良さそうです。

※合わせて良く読まれている記事はコチラ
>>厄年女性の年齢は?厄祓いはいつどこでするのが良い?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする