おきなわマラソン2017に参加するなら、宿泊はこのホテルがおすすめ。

おきなわマラソンの参加者数は14000人ちょっと。NAHAマラソンの
約半分です。

規模と伝統でいうとNAHAマラソンが上ですが、おきなわマラソン
には独特の魅力があります。

より沖縄を感じたいということであれば、おきなわマラソンが
お勧めですよ。
走りの途中で立ち寄って沖縄食を楽しむ♪
そんなユニークなランナーさんもいるんです。

スポンサーリンク

おきなわマラソン2016のコースについて

開催日:平成29年(2016年) 2月19日(日曜日)
スタート⇒09:00 フィニッシュ⇒15:15

スタートとフィニッシュは同じ場所
沖縄県総合運動公園(泡瀬)になります。

高低差は約110メートル。

坂が多いのがおきなわマラソンの特徴です。アップダウンが多く、
10~40㎞あたりまでは坂が多いです。
40㎞過ぎると、もうほとんどゴールですが、、、
ほんのわずかフラットになります。

米軍基地の一部がコースに含まれる

おきなわマラソンは日本で唯一米軍基地内を走れる市民マラソン
です。嘉手納基地内の住宅街を走ります。
もちろんですが、基地内はアメリカ一色。

日本みたいにチマチマした住宅ではなく、ゆったりスペースで
庭もあり、芝生も植わっています。
アメリカンファミリー達が手を振って応援してくれますよ。

おきなわマラソン2017 宿泊

東京第一ホテルオキナワグランメールリゾート

会場にかなり近い大型ホテルです。
プレイスポットからは距離がありますが、会場にかなり近いので
便利です。

ホテル ニューセンチュリー

嘉手納基地ゲートに近い立地なので、基地関係のアメリカン
の利用も多いホテルです。
プレイスポットも近く、お酒も音楽も近場で楽しめます。
近くの空港通りを歩けばアメリカを感じることでしょう。

スポンサーリンク

デイゴホテル

リピーターが多い家庭的な感じのホテルです。
朝食が人気ですよ。

駐車場と無料シャトルバス

駐車場は複数箇所に用意されていて、かなりの台数分が確保
されています。

http://www.okinawa-marathon.com/course_2015-2.html

<各駐車場から会場へのシャトルバス>

⇒出発時間
 7:20・7:30・7:40・7:50・8:00・8:10(最終)

※ショッパーズ泡瀬跡地駐車場のみ、会場から近いので、
往復とも徒歩での移動になります。

<会場から各駐車場へのシャトルバス>

⇒出発地
 県総合運動公園内体育館横
⇒出発時間
 11:00・11:30|12:00・12:30|13:00・13:30|14:00・14:30
 15:00・15:30|16:00・16:30|17:00(最終出発時間)

まとめ

沖縄のマラソンは沿道の応援が好きで走るという県外からの
ランナーさんも多いのですが、おきなわマラソンは更に凄い
です。


エイサーあり、太鼓ありで賑やかです。

主催者側が設置した補給ポイントなんぞおかまいなし、
バナナ、スポーツドリンク、スプレー、各家庭で作った料理、
あっちゃこっちゃで控えています。

夜も楽しい沖縄市。
そこで開催されるおきなわマラソン。
地元の人との交流も、異文化も、走りながら満喫できちゃう
のはおきなわマラソンだけではないでしょうか。

【合せて読まれている記事】
沖縄のお土産で人気といえばやっぱりコレ!おすすめのお土産
沖縄のパワースポットに行きたい!どこが人気?オススメのスポット
沖縄のイルミネーションで人気スポットは?厳選してご紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする