あくびが止まらない原因は?病気?自分でも効果があった止める方法

あくびってなぜ出るのでしょうか?眠たい時や疲れている時かと思えば、大事な人と会っている時でも
出てしまいます。あまりに頻繁に出ると病気ではないか?と疑ってしまいますね。こんなに科学が進歩した
今でもあくびは謎ばかりだそうです。本当に不思議ですよね。

あくまで仮説に過ぎませんが、今考えられているあくびの2つ原因と、なんと武士が考えた、あくびを
止める方法をご紹介します。びっくりするほど簡単な方法ですが、わたしもこれで止まりました。

スポンサーリンク

あくびの原因は?

◎感情を共有しているから?

あるカップルの彼氏が彼女の前でよくあくびをするそうです。眠たいのか、退屈なのかと思いきや、そんなことはなく、むしろ、よく連絡を彼からくれたり、もうご両親にも会って結婚間近らしいのです。この事例からわかる通り、他の人の感情を理解する脳の部位が働くため、と考えられています。

実際、あくびが伝染するとよく言いますが、誰にでもうつるわけではなく、恋人や家族、親しい友人などの間では
よく伝染するそうです。ちなみに自閉症の人などは伝染しにくいと言うことです。ある人はアニメのあくびの
シーンでも伝染してしまったとのこと?心当たりがありますか?

◎脳の活動を活発にさせる

眠くなるとあくびが出やすいのは、空気を吸い込んで酸素を取り込むことで脳を刺激して活発にさせる働きが
あると考えられています。この説は一番納得がいきますね。体を伸ばして動かすことで脳を刺激できるのと
同じ理屈で、口を大きく開けるとその効果があるそうです。

あくびが止まらないのは病気なのか?

眠くなく、疲れていない時でも出るあくびを「生あくび」と言いますが、この生あくびは脳の病気と関係があるとされています。脳梗塞、脳腫瘍、脳出血などです。偏頭痛の前触れとも言われています。このように生あくびは
それ自体が病気というよりも、体の異常を教えてくれるサインと考えることができそうです。

スポンサーリンク

あまりに頻繁にあくびが出る場合は、医師に相談した方がよさそうです。ちなみに病院に行く場合は、生あくびを
治療の対象としているところはありませんから、生あくびに続いて出る症状から何科に行くか判断できそうです。

例えば、生あくびの後に貧血っぽい場合は、内科や血液内科を受診します。吐き気や頭痛がおこる場合は
神経内科か脳外科でも良いそうです。普通の眠気の場合は、睡眠外来を受診するのがいいようです。

あくびが出ないようにする、止める方法は?

眠気の場合への対処法を考えてみます。まずは眠気解消のために寝る、です。ここでのポイントは少しだけ寝る
と言う点です。横になって寝るのではなく、10分から15分ほど椅子のまま寝るなど深い眠りにならないように
することが大事なようです。

すぐに止めたい場合は、なんと「上唇をなめる」です。馬鹿にしているようですが、葉隠(はがくれ)という
江戸時代の武士の心得を書いた本の中にあるという。確かに主君に使える武士たちは、無礼な行為は許されない
ので命を懸けて編み出した方法かもですね。実際この方法ですぐ止まった人が続出なんですよ。

まとめ

あくびの原因から止め方までをご紹介しました。少なくとも脳に関係あることは間違いなさそうです。
本当に人体って不思議なことばかりです。あくびの原因を解明できたらノーベル賞もきっと取れるでしょうね。

※この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
>>口内炎ができやすい。なぜできる?治すのに有効な方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする