鼻水が黄色でネバネバしていてかたまりもある。これは何?。どうしたら治る(止まる)?

鼻水は常に分泌されているものですが、何のためにそうなっている
のかとなると、案外?だったりしますね。

人間の体はよく出来たもので、鼻水さんは良い仕事してるんですよ。
それを知ると、さん付けで呼びたくなっちゃうと思います。
黄色でネバネバしている時の治し方をお話します。

スポンサーリンク

鼻水が黄色になる原因は?

鼻水が黄色いのは、免疫細胞やウィルスの死骸が
含まれているからです。
ウミと同じものだと考えたら良いと思います。

残っているとよろしくない物を外へ洗い流している
ということですね。。
こんな時は、鼻水を止めたりしないでどんどん外へ流し
ましょう。

そのほうが治りが早くなります。

ネバネバしたりかたまりになるのは何が原因?

鼻水が黄色いネバネバになるのは上に書いた通りですが、
ネバネバ感が強い場合もあります。

鼻の粘膜細胞がウイルスや細菌など、外部からの侵入者に負けて
しまうと、剥がれ落ちた粘膜細胞やウイルス、細菌の死骸が
渾然一体となって鼻水に含まれるのでネバネバの粘度が上がります。

黄色の鼻水が発生すると、白血球やリンパ球など、本来の体が
装備している免疫軍団が出動して、まだ残っている細菌類を撃退
にかかります。
撃退が成功すると、黄色くてネバネバの鼻水は止まります。
この時に最後の鼻水がかたまります。

黄色から透明に変わった時は何のサイン?

鼻水が黄色くなっていたのは、ウィルスやウィルスと戦って
死んだ免疫細胞の死骸があったから。

鼻水が透明に変わったのは、ウィルスがいなくなったから
です。
健康を取り戻したサインですね。

どうしたらこの黄色のネバネバが透明サラサラに変わる?

黄色のネバネバが出ているのは、免疫軍団が討ち死にも
しながら一生懸命戦っている段階です。

スポンサーリンク

この状態がなかなか治まらないという場合は、長引く
可能性があるので、病院へいきましょう。

万が一ですが、風邪以外の原因があった場合は早期に
見つけることが出来ます。

強めに風邪をひいちゃっただけなら、これも早めに治すことが
出来ますね。

風邪が治ると透明サラサラの鼻水に戻りますよ。

どうしたらこの鼻水が止まる?

鼻水って不快なものですよね。
すすらなくちゃならないし、油断するとズルズル下りてくるし。
かといってここには薬がないし。。。

こんな時の対処法を2つ紹介します。

●睛明-せいめい というツボ

目頭と鼻の付け根の骨との間にあるツボが「せいめい」です。
(左右の目と鼻の間の凹んだ2点)

ドラマなどで「はぁ~、、、」と考え込むシーンで
押さえたりする、あそこです。(笑)
疲れ目で押さえるところ、がわかりやすいかな?

そこをモミモミして刺激してみましょう。

「ほんのチョット水を口に含んでそのままにする」だけ。

えっ?って思いましたよね。(笑)
で、この水は吐き出さないで飲み込んで下さい。

体の仕組みを利用する、というのがポイントです。
水を口に含んだのは鼻水を喉に誘導するためです。
しばらくすると喉の奥がモゾモゾな感じがするので、その時に
唾を飲み込むように飲み込んでください。

試す価値あり、ですよ。

まとめ

鼻水って1日に1リットルぐらい出ているんだそうです。
健康だと喉に流れていくのでなかなかその量にはピンと
来ませんね。

こうやってみてみると、人間の体は素晴らしく良く出来て
ますよね。
健康チェックまでやっちゃうんだから凄いと思います。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>喉の痛みを早く治すにはどんな方法がある?即効性のある治し方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする