インフルエンザを自力で治すことはできるか?飲んではいけない薬は?

infulenz-shihanyaku

インフルエンザを自力で治すって、まずは環境が必要ですね。
治るまで外部との接触を避けることは出来るのなら、その選択はありかも知れません。

もし、病院に行かずに自力で治すとしたら、それは可能なのか?
また薬についてもお話していきます。

スポンサーリンク

インフルエンザを自力で治すことはできるのか?病院に行かない場合とどう違う?

インフルエンザのウィルスは風邪などのウィルスと違い菌の増殖スピードがものすごく速いのが特徴です。

もともと1個だったウィルスは、
・8時間後→100個
・16時間後→1万個
・24時間後→100万個

このようにどんどん増えていき、48時間後には最大になると言われています。

病院に行くとインフルエンザ専用の薬がもらえますが、
これらの薬は、インフルエンザの菌の増殖を抑える目的とも言えますね。

インフルエンザにかかると、この菌の増殖に伴い、体がどんどん苦しくなってくるので、
薬を処方することでこの増殖を抑え、より一層体がきつくなってくるのを早めに食い止めるかどうか

というのが自力で治す治さないの1つの選択基準とも言えるでしょう。

どんどん体がきつくなってくる
8時間後、→12時間後、16時間後、20時間後、24時間後・・・
菌が最大に達するまでの48時間、本当に自分が耐えられるのか? という点でしょう。

ちなみに私の息子がインフルエンザにかかった時、

朝は微熱程度だったものが、ものすごい勢いで、午前10時頃、12時頃、15時頃・・・と
どんどん熱が高熱になり、一気に39度台を越しました。

夕方以降に病院に行き、吸入式のイナビルを処方してもらい吸い込んだ後、
家に帰ってきてからはスーッと一瞬のうちに熱も下がっていきました。

「インフルエンザの薬(イナビル)を吸い込んだだけ」です。

息子は、一瞬で体の苦しさから解放されていました。
この時「インフルエンザの薬スゲー!」 と思い知らされたのです。

また、その後には、家族の誰1人としてインフルエンザが感染することはありませんでした。

中にはインフルエンザが自力で治った人もいます。

私のお友達で「薬疹」が出てしまい、インフルエンザの薬が飲めない。という人もいます。

そんな状況の人は無理なのでいわゆる自力治しになってしまいますが、

通常、薬を飲んだ人は48時間程度が一番苦しいと言われている中で
薬なしの自力の人はだいたい5日間くらいはずっと苦しかったそうです。

おかげで体重が激ヤセしたと喜んではいましたが・・・^^;

私の友人のように薬疹が出るなど、よっぽどなことがない限りは

そこまで我慢しなくても、病院に行って薬をもらった方が良いのではないか? 
というのが正直な気持ちです。

・嘘みたいに治る
・迷惑が最小限になる

ということを経験している立場としては、病院に行くことを私からはおすすめします。

インフルエンザを自力で治そうとした場合、期間はどれくらいかかる?治し方は?

自力で治すとしても1週間程度はみておいた方が良いと思います。

薬疹が出るために薬が飲めなかった私の友人は5日間はずっと苦しかったと言ってました。

専用の薬をもらわないわけなので、高熱も続く可能性が高いです
インフルエンザの菌が繁殖するスピードはすさまじいものなので

ほっとけばほっとくほど、倍々ゲームのように増殖してきます・・・

さて、インフルエンザを自力で治すってどんな方法があるんでしょうか?

薬を飲まない方が早く治る

これは現役のお医者さんの見解です。
熱を出すのは体が免疫力を高めようとしているからなのですが、
薬で熱を下げると免疫力が十分に働かなくなってしまいます。

天然アロマオイル

殺ウィルス作用があるとされるアロマを使い

マスクに垂らす、アロマディフューザーを使うなどして、
呼気で吸い込む方法があります。

私は、ラヴィンツァラという種類のアロマを使っています。

りんごジュースをガブ飲みする

買って飲むなら、100%で無添加でにごりがあるものですよ。
本当は自分で作って飲むのがベストです。なんたって天然ですから。
ガンガン飲みまくって下さい。

熱いお風呂に入って速攻で寝る

ウイルスは熱に弱いという弱点を利用します。
お水をたっぷり摂って下さい。枕元に2リットルのペットボトル
などを置いておくと良いでしょう。

乳酸菌をバンバン摂る

ヨーグルトやヤクルトなど、乳酸菌飲料ならなんでもオッケーです。
森永マミーとかね、買い込んでたっぷり飲んで下さい。

スポンサーリンク

甘すぎるのが嫌いな場合はR-1がさっぱりして飲みやすいです。
これで善玉菌を補給できます。

インフルエンザを自力で治したい場合、飲んではいけない薬はある?

風邪・インフルエンザ用の薬は飲みません。
飲まないことで体の免疫力を総動員できます。

「体の中には100人の医者がいる」と表現する人もいます。
治すのは自分自身であり、インフルエンザだって自力で治せます。

ただ、これまで薬や病院に頼っていたという人が自己治癒に
変えた場合は、必要な場合は助けてくれる人がいる環境で行って下さい。

命に関わる場合もありますので無理に自力で治すことに
こだわる必要はないと思いますよ。

インフルエンザかもしれない場合、市販薬や解熱剤は飲める?

まだインフルとは確定していない。けどインフルっぽい場合。

市販薬でなんとかできるものなのか?

今でこそタミフルのような抗ウィルス剤がありますが、
それ以前には、インフルエンザでも風邪でも、怪しいなと思ったら
市販薬や解熱剤を飲んでましたよね。

もしインフル確定だった場合、インフルと相性の悪い薬があります。
それは解熱鎮痛でよく使われるロキソニンです。

ロキソニンはインフルエンザ脳症を引き起こす可能性があるとして
インフルエンザの患者さんには飲まないよう注意されています。

今は薬剤師の常駐しているドラッグストアでもロキソニンSが手に入りますので
これを買って熱を下げようとする人も多いですが、インフルだった場合には飲まないようにしてください。

その他、病院でよく処方される解熱剤でカロナールがありますが、
カロナールの方はインフルエンザ中の解熱剤として使われる薬なのでこれは大丈夫です。

我が家にも 風邪の際にもらったカロナールは保管してあります。

インフルエンザかもしれない場合、休日だったらどうする?救急に行く?平日まで待つ?

インフルエンザかも?

と思ったらまずチェックして欲しいのが

関節痛があるか、鼻水は、熱は急激に上がるか

という部分です。

その年のインフルエンザによって、頭がものすごく痛いという症状が特徴的な時もあります。

インフルエンザの場合、上記の症状が特徴的で特に熱の上がるスピードでわかりやすいです。

菌の増殖のスピードが早いので熱が急に上がってきます。

なんかいつもの風邪と違う・・・
という場合は休日外来でも利用して行った方が良いです。
(早いうちにインフルエンザ用の薬をもらって飲むと症状が軽く済みます)

ただ、検査でインフルエンザの陽性反応が出るのが、高熱が出てから12時間経過後とされていますので、

だいたい38度を超えてからの時間カウントで12時間を超えてからの受診が良いでしょう。
その前に受診しても検査結果が出ず、結局「明日来てね」となることもあります。

うちの息子の場合は、朝9時頃から発熱(38度~)
夜21時に救急外来受診 → 検査で陽性が出て薬を処方してもらう

という時もありました。

病院に行くほどじゃないかなぁ、、、

という場合は、インフルではなく、単なる風邪ということもありますが、

その時の対処法は、

●湿度と気温
室温21~24度、湿度40~60%、を保つ

●消化がよくて栄養があるものを食べる

●部屋の隔離状態にして、出来るだけ家族と接触しない

取りあえずはそれで様子をみて、それから判断しましょう。

インフルエンザかもしれない場合、学校や会社は休める?どう伝えれば良い?

●学校なら

「インフルエンザかも知れないので、大事を取って今日は休ませます。」
と電話で伝えれば問題ないでしょう。

特に、家族がインフルエンザに感染していたり、クラスでインフルエンザが流行している時などは
まだ確定ではなくても 学校も「どうぞ休んでください」というスタンスな気がします。

病院へ行って診てもらって下さい。

●会社なら

休める会社なら、
「インフルエンザかも知れないので、大事を取って今日は
休ませていただきます。」
と電話で伝えたらオッケーだと思います。

本当に大事を取って、病院で診てもらって下さいね。

インフルエンザぐらいで、、、
みたいな会社は今でもありますよね。

ならば違う方向から、
「インフルエンザっぽいんですけど、出社してもいいですか?」
と上司に確認しちゃいましょう。

実際インフルになって、誰かに伝染っちゃったとしても、
上司が出て来いと言ったのでしょうから、黙って上司をチロッと
見てやったらよろしいんじゃないでしょうか?

いずれにしてもいくらか責任は回避出来ます。
そのまま回復してくれたら、それはそれでラッキーですね。

まとめ

インフルエンザはよっぽどではない限り、専用の薬を飲むのが一番だと思います。

何より苦しむ期間が短くなります。

自力で治せる環境を作れるなら挑戦してみても良いかも知れません。

ただ、そうじゃない人のほうが多いはず。

自力でいくか、病院へ行くか、このあたりの判断は慎重に行って下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする