京都の紅葉、青蓮院ライトアップと見どころは?

紅葉の時期、京都は特に紅葉スポットが多く、人気があります。見ごろは大体11月下旬からです。
金閣寺や銀閣寺、清水寺など、有名なスポットももちろん綺麗ですが、その他にも様々な見どころが京都にはあります。

特にこの時期は、多くの人が集まるので、混雑も予測されますが、それを差し置いても見に行く価値はありますよね。
そこで今回は、夜のライトアップが綺麗で見ごたえのある、青蓮院を中心にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ライトアップの時期は? 見ごろはいつ?

京都の紅葉スポットのライトアップの時期はほとんどが
11月初めから中旬にかけて始まり12月の初旬くらいまでやっています。
観光スポットによって開始時期と終了時期はまちまちですが、大体上記位の時期にライトアップが行われています。

見ごろはやはり紅葉が色づき始める11月中旬から下旬にかけてでしょうか。
その年の気候によって紅葉の色合いも変わってきますので、
断定はできませんが、大体の時期は例年そのくらいです。

毎年、この時期はすぐに見ごろの期間が終わってしまいます。混雑も予測されますが、是非この期間にご覧になられる事をおすすめします。

青蓮院紅葉について (特徴や見どころの説明)

青蓮院は正確には青蓮院門跡寺院といいまして、三千院、妙法院とともに天台宗の三門跡寺院と呼ばれています。
古くから皇室とのかかわりが深く、とても格式の高い門跡寺院として知られているスポットなんです。

青蓮院門跡寺院は、マイナーなスポットのため、あまり混雑せずにゆっくりとその幻想的な紅葉風景を観光する事ができます。
また、青いライトアップで落ち着いた印象の青蓮院を堪能していただけると思います。

スポンサーリンク

アクセス方法(バス、タクシー、車)

青蓮院へのアクセスですが、東山地区にある青蓮院までは、昼間の渋滞がひどく、
バスの移動や車での移動も時間がかかってしまいます。そのため朝早くからの移動をおすすめします。

青蓮院へのアクセスは地下鉄でも可能です。地下鉄東山駅で下車すれば、徒歩で向かう事が出来ます。
この時期は混雑が予想されますので、バスか地下鉄かをその時の状況で使い分けるのが良いかもしれません。

青蓮院へはバスですと、市バスの「神宮道」を下車して徒歩2分程度です。
先ほども申しましたが、地下鉄の東西線を使いますと、「東山」駅下車で 徒歩約5分程度でしょうか。

また青蓮院には、専用の駐車場がありません。
周辺の駐車場もこの時期は混雑しており、駐車待ちで結構時間を取られてしまうかもしれませんので、ご注意ください。
京都より東側から車で来られる場合は、琵琶湖岸の浜大津駅前にある「大津市営浜大津公共駐車場」を利用されるのも良いかもしれません。
ご参考ください。

ついでに見ておきたい近くのスポットは

青蓮院に行かれるのであれば、近くの観光スポット、円山公園、八坂神社、知恩院などがおすすめです。
また、少し距離がありますが、平安神宮なども良いかもしれませんね。
平安神宮へは、青蓮院最寄りの駅地下鉄東西線「東山駅」から徒歩で10分程度です。

まとめ

いかがだったでしょうか。京都の紅葉を堪能するスポットは数多くありますが、
その中でも青蓮院門跡、清水寺、高台寺などのライトアップ風景は是非行ってみてはいかがでしょうか。
11月下旬から12月上旬、中旬位までの短い期間しか見れない紅葉の幻想的な空間は、
きっと忘れられない思い出の1ページになると思いますよ。

※この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
>>喉の痛みを早く治すにはどんな方法がある?即効性のある治し方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする