那須高原の紅葉、見ごろ時期とベストスポットは?

那須高原の紅葉は現在は落葉が進んでいます。
ヒラヒラと落ちる紅葉の中を歩くのも、これまた粋でありますね。

ひと仕事を終えて散りゆくかのような、完熟した真っ赤な木の葉たち。
諸行無常の響きを感じますねぇ~。

散り際の美しさを那須高原で味わう。
これもちょっと個性的な紅葉の思い出になりますよ。

はい、では那須高原の紅葉情報をお伝えしますね。

スポンサーリンク

見ごろはいつ?ベストスポットは?

□那須岳周辺の紅葉情報

色づき始め ⇒ 9月下旬
見頃 ⇒ 10月上旬~10月中旬

□ベストスポット

<茶臼岳と那須ロープウェイ>
那須連山の主峰・茶臼岳の山腹から山頂にかけて架けられたのが那須ロープウェイ。
ゴンドラの中から優雅に紅葉の空中見物を楽しめます。

このゴンドラ、何と!最大111人も乗れちゃうという代物なんです。
距離812m、高低差293mをゴンドラサッサと登って行きますよ。

ゴンドラからの眺め、それはそれは壮観です。
大阪城から大阪の街を見下ろしていた豊臣秀吉もきっとこんな感じだったのでは
ありますまいか。と思いました。

日頃の仕事や喧騒など忘れて、
鮮やかな立体絨毯のような眼下の紅葉に酔いしれてくださいネ。

茶臼岳の山頂からは更に360度の天然大パノラマが楽しめます。
新鮮な空気を腹いっぱいの肺いっぱいに補給して下さいませ。

下りは位置エネルギーを運動エネルギーに変えて(ウヒャ^^)下りていきましょう。
せっかく来たんだし、高原の空気を味わうのもグーですよね。

那須ロープウェイ料金:往復:1100円(小学生550円)
           片道:650円(小学生350円)

紅葉について 

那須高原の紅葉の樹種は主にナナカマド、ドウダンツツジになります。

スポンサーリンク

県道17号那須高原線(旧ボルケーノハイウェイ)沿いからも色づいた
紅葉群を見ることができます。

これから11月にかけては、紅葉が平地へと下りくるので、この時期は
塩原の「もみじ谷大吊橋」辺りだとちょうどいいかも知れませんね。
橋の通行は有料で、大人300円になっています。

アクセス方法(バス、タクシー、車)

●バス ⇒ JR黒磯駅からバスで所要約1時間

●車 ⇒ 東北道那須ICから約20km

ついでに見ておきたい(行っておきたい)近くのスポットは

那須ロープウェイでの紅葉見物のタイミングを逃した!という場合は、
那須ゴンドラを利用するという手があります。

那須ロープウェイと那須ゴンドラ。
このふたつ、まったく別物なんです。ちょっとややこしいかも。

那須ゴンドラはマウントジーンズ那須で乗ります。
ここはスキー場にもなっていますね。

Mt.JEANS那須
〒329-3223 栃木県那須郡那須町大字大島
TEL:0287-77-2300

<車で行く場合は>
那須高原SA⇒スマートIC⇒305号
だと、割とスムーズに行ける?のではないかと思います。

まとめ

最後に紹介したマウントジーンズ那須は、実は一年を通じて楽しめる
施設なんです。

春 ⇒ 水仙パーク
初夏 ⇒ ゴヨウツツジ(可憐な白い花が綺麗です。)
夏 ⇒ 清涼ゴンドラ

夏の高原も最高でしょうね。
こんなにも豊かに四季が味わえる日本って素晴らしいですよね♪

※この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
>>紅葉を東京近郊までドライブで見に行こう!オススメのスポットは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする