ゴールデンウィークおすすめ愛知の子連れスポットは?ここが穴場です

ゴールデンウィークに子連れでどこに行こうか?幼児もいるしあまり遠くには行けない。交通渋滞なんかももっての他だし、メジャーな遊園地に行ったってどうせ行列するだけで疲れてしまう。
なんか日帰りで行けて楽しめるところはないかな?

とお探しのあなたへ、愛知県(東海地方)のおすすめスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

私もすべて行ったことのあるスポットで、

その中からゴールデンウィークに合わせた選りすぐりの場所をご紹介しますね。

あいち健康の森公園

お金もかからず、行列も気にせずに1日中遊べるのがこちらです。

あいち健康の森というくらいなので、森林公園みたいなのを
イメージすると思います。

私も最初に行った時は、軽い気持ちで行ったのですが、
行ってみてびっくり! はっきり言ってナメてました^^;

とにかく敷地が広く、どこのエリアに行っても遊具があって遊べるのです。

自分が住んでいる町の中で、遊具が比較的大きめな、一番大きな公園を
想像してみてください。

そのレベルの公園が、いくつもくっついていて公園全体が、
ひとつの町になっているようなイメージです。

この公園の敷地内だけで町名がついてもいいんじゃないかと思うくらい広い! 笑

aichikenko-map


のMAPの中で、

・大芝生広場
・さんさん広場
・こどもの森
・健康ロード

と、大きく分けると遊具があるのはこのエリアになります。

例えばこのうちの1エリア、

子供の森という1つのエリアだけでも1日遊べます。 

aichi-kodomo

子供の森には一番人気とも言われるロングスライダーがあり、
このロングスライダーはいわゆるローラーすべり台なのですが、

下から見るとすべり台の頂点が見えない。

山の上の方に登って行ってすべることになるのですが、
スタート地点が見えなく、下で待っているとずーーーーっと上の方から
滑り降りてくるのです。

子供の森のエリアだけでも広く、

上エリア(幼児向け)
下エリア(幼児&小学生向け)に分かれていて、

ここだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいます。

ロングスライダーの他にも傾斜が急なローラーすべり台があり、
ちゃっかり大人もキャーキャー言いながらすべってたりします 笑

敷地はおどろくほどに広く、どのエリアに言っても
メイン遊具があって、満足の行く遊びができます。

全エリアを回ろうとすると大変ですので、
小学生くらいのお子さんがいる場合は、こどもの森から攻めるのがいいですね。

こどもの森だと、近くの駐車場が第2駐車場になります。

しいていうなら、駐車場が満車になる可能性がありますので
駐車場を押さえるために早めに出発して駐車場の確保をした方が良いと思います

あとは折りたたみテントなどを用意して日陰の確保ですね^^

お金がかからず遊べて、なおかつかなり満足の行く遊びができますので
子どもたちも「楽しかった~~♪」と言うこと間違いなしです。

あいち健康の森公園の住所はこちらです

〒470-0031
愛知県大府市森岡町源吾1

刈谷市交通児童遊園

こちらは刈谷市で運営している遊園地で、
なんと、乗り物が1回につき50円という、都会ではあり得ない、
ぶっ飛び価格となっています。

ちょっとお得な回数券も販売しておりまして、それが11回分で500円です。

ということは、1回あたり45円!? 安っ!!

乗り物の種類は

ジェットコースター、

グレートポセイドン(バイキング)

サイクルモノレール

メリーゴーランド

ドルフィンパラダイス(イルカに乗って水の上をゆっくり流れるやつ)

ヘリタワー

新幹線

パターゴルフ

などがあります。

通常の土日ですと、行列することもなく、すぐに乗れますが、

スポンサーリンク

ゴールデンウィークですと多少行列するかもしれません

が、ディズニーランドやUSJの行列に比べたら、全然だと思います

並んでも10分とかでしょうか。

一番並ぶのはゴーカートですので、ゴーカートは早めに並んでおくことをおすすめします。

*ゴーカートの予備知識*

お子さんが3人いて子供が1人余ってしまう場合。

パパとママが1人ずつ運転したとして、

お子さんが1人余ってしまいますが、普通だと
2人乗せてから、(3人目を乗せるために)また並ばないといけない?

と思うのですが、

ここの場合は、連続で乗せてあげることができます。

つまり大人2人子供3人で並んでおいて、

パパかママ、どちらかが1人を乗せた後、

降りずにそのまま助手席の子供だけ交代でもう1周。ということができるのです。

これはうれしいですね^^

余ったお子さんは、のりばの横に専用の待機場(ベンチ)があり
そこで座って待っていることになります。

いい子して待ちましょうね。

*食事について*

こちらにはレストランやフードコートのようなものはありません。

ゴールデンウィークになると出店の出店はあるかもしれませんが、

この辺は確実ではありませんので、お弁当の持参をされるのが確実です。

*駐車場について*

こちらの駐車場はうれしいことに無料駐車場が94台分用意されています。

ただしここは比較的すぐに埋まってしまいます。

ですが、ここの駐車場が満車だった場合でも

近くに市営の駐車場があり、そちらも1時間150円~200円くらいで利用できます。
(この有料のところはけっこう開いています)

メジャーなところに行ってもどうせ行列するし、値段も高いし・・・
でも子どもたちは遊園地がイイって言ってるし・・・

という場合には、こちらはおすすめです。

行列もせず、お金もかからず、でも遊園地で楽しめる。

子供も大人もニッコリですね^^

刈谷市交通児童遊園の住所はこちらです

〒448-0851
刈谷市神田町3丁目47番地1

碧南市明石公園

こちらも遊園地でありながら乗り物代金が1回100円

という驚くべき安さの遊園地になります。

刈谷市交通児童遊園と違うところは
料金が100円というところと、

大道芸パフォーマンスやイベント、フード類、売店、授乳室なども充実しており、

より遊園地らしい雰囲気となっています。

乗り物は

メリーゴーランド

エアファイター GOGO☆ジェットくん

列車

観覧車

ゴーカート

サイクルモノレール

ジェットコースター

パターゴルフ

バッテリーカー

があります。

土日でしたら、乗り物は行列なしで乗ることができますが
ゴールデンウィークは多少並ぶかもしれません。

とは言え、並んでも10分程度だと思います^^;

アスレチック(遊具)エリアと、遊園地エリアが大きく2つに分かれており、

アスレチックエリアだけでも半日遊ぶことができます。

個人的には、午前中に遊園地エリア、

午後からはアスレチックエリアでワンタッチテントを置いて

親はテント内で寝て(笑)、子供を遊ばせる 

これがオススメです。

*駐車場について

第1駐車場250台、第2駐車場300台となっておりますが、

無料エリア(アスレチックエリア)もありますため

比較的早く埋まるように思います。

なるべく早く行かれることをオススメします。

碧南市明石公園の住所はこちらです

〒447-0866   愛知県碧南市明石町6番地11

ゴールデンウィーク愛知のオススメ子連れスポットまとめ

今回は、私が実際に行ったことのあるスポットの中から

みんながあまり選ばないようなところ(メジャーではないところ)で、
なおかつ、比較的お金もかからず、

でもその割におもいっきり遊べることができる充実度の高いスポットを

厳選してみました。

他にもおもしろいところはたくさんありますが、

中でもこの3つがオススメでゴールデンウィークにはピッタリかと思います^^

ぜひご参考にしてみてくださいね。

※あなたにオススメの記事はコチラ
>>子供服の泥汚れの落とし方。保育園でつけてきた汚れはこれで撃退。

スポンサーリンク