インフルエンザ薬を飲まないで治すことはできる?薬の副作用が怖い

doctor

インフルエンザにかかった場合、なるべく薬を飲まないで治したいですよね?
薬を飲まずに治す方法があるならそれを知りたい。

薬を飲まないのが体のためにはいいのだろうけど、そうなると、なかなかインフルエンザが完治しないのでは?
というような疑問もあるかと思います。

実際に、インフルエンザになって薬を飲まないで治すということは可能なのか、
また、気になる薬の副作用についてもお話していきます。

スポンサーリンク

インフルエンザの薬にはどんなものがある?

空気が乾燥する季節、インフルエンザが心配ですね。
インフルエンザウイルスには、A型・B型・C型の3つがあり、
現在流行しているのはA型とB型です。

現時点で抗インフルエンザ薬として使用可能なものは
タミフル、吸入薬のイナビル、リレンザ、
注射薬のラピアクタなどがあります。

2014年はエボラ出血熱が世界を脅かしインフルエンザ治療薬
アビガンの追加生産も発表されニュースになりました。
パンデミック発生の恐れからワクチンや予防接種への関心も高まったようです。

インフルの特効薬といえばタミフルと言われるのは飲めば解熱が圧倒的に早いからです。
ウイルスを殺すのではなく、細胞の増殖のスピードを弱め発熱期間を短縮させる働きをします。

タミフル、イナビル、リレンザは罹患初期(48時間以内)でないと効かないと言われています。

イナビルは国内で4番目に販売された第一三共の
抗インフルエンザ薬。タミフルが非常に強い薬なのに対し
比較的安全で純国産なのでよく服用されています。

タミフル、リレンザは1日2回を5日間服用する必要があります。
その点イナビルは1回鼻から吸引すれば終わりです。
イナビルは子供(5歳児以上)にも使える事でよく知られ、
医師に相談した上で妊娠中でも使用可能とされています。

リレンザも子供・妊娠中・授乳中の使用の許可を医師が出すケースが多いようです。使用したい場合まずは相談してくださいね。

インフルエンザの薬の副作用は?

・タミフルの副作用
吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸症状
頭がポーっとしてふわふわめまいが起こる症状
肝障害、皮膚障害、出血性大腸炎などの報告があります。

重い副作用例
ショック、アナフィラキシー様症状、顔面蒼白、
手足の冷え・しびれ、血尿幻覚、妄想、意識障害、
けいれん、取り乱すなどの異常行動、

スポンサーリンク

・イナビルの副作用
報告が多いのは下痢、頭痛、稀に鼻血も。
イナビルは吸入式なので呼吸器に喘息・気管支炎などの
病気を抱えている人は注意。取り扱い説明書の熟読を。
医師や薬剤師に相談の上の使用がベスト。

・リレンザの副作用
主な副作用は下痢や、吐き気、嘔吐、めまい、咳、
発疹、嗅覚障害などが報告されています。

滅多にないのですが重篤な副作用も報告はあります。
添付文書にも気管支に対する副作用の記載があります。
体温中枢、呼吸中枢に障害が起こり呼吸困難の症状が出る事も。

あとは皮膚の赤み、アナフィラキシー痙攣、ショックなど。
イナビル同様吸入薬のため、気管支喘息など
呼吸器系に障害・病気のある人は注意して下さい。

ジスロマックなどの抗生物質は下痢になりやすいので
子供は整腸剤と一緒に処方されるケースが多いです。

インフルエンザの薬を飲まないで治すことはできるの?

インフルエンザ感染症は通常何もしなくても5~7日で回復します。
うつる事を避ける為にも外出はなるべくせずに安静に過ごす事。

高熱が続く時におこる脱水症状に注意し水分補給を十分に。
自然治癒力に頼り身体の外を温め熱を逃さないようにし
ひたすら眠る、栄養を摂る、これで治す事は可能です。

解熱剤よりも葛根湯や麻黄湯など漢方薬を飲むのはおすすめです。
熱がこもれば発汗させて熱を下げる効能があります。
漢方薬がなければ玉子酒や生姜を入れたお茶でも良いのです。

ウイルスの感染を避けるため加湿器などで室内の湿度を
50~60%に保つと良いです。

薬を使わない風邪やインフルエンザ対策についての
動画をリンクしておきますのでご参考にどうぞ

新型インフルは細菌性の二次感染を起こしやすいので要注意。
薬を飲まないで自然に治る人が多いのは事実ですが、
治療が遅れると死に至った例もありますので甘くは
見てはいけません。体の事ですので最優先で正しい判断を。

特に小さなお子様の場合は脳炎を起こす恐れもあるので、
まずは病院へ行くのが一番良いと思います。

まとめ

薬を飲むかどうかについては適切な判断、家族の協力、
大事ですね。完治に向けて参考になる事があれば幸いです。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>インフルエンザを自力で治すことはできるか?飲んではいけない薬は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする