出雲大社周辺で観光して温泉にも入りたい。おすすめのスポットは?

日本の神々の国、出雲。
出雲大社は有名ですが、どうせ行くなら他にも観光したり温泉に入ったりして
満喫したいですよね。
出雲に行かれる際のご参考に観光情報をまとめました。

スポンサーリンク

出雲大社のついでに行ける観光スポット

一畑電車

島根の県庁所在地、
松江から
一畑電車はいかがでしょうか?
風情のあるローカル電車です。

移動手段だけでなくローカル電車を見るために
一畑電車に乗る人も多いです。

古代出雲歴史博物館

出雲大社はもちろんのこと、
出雲大社隣接の
『 古代出雲歴史博物館 』

古代出雲歴史博物館

参拝前に、
歴史を知るのもいいことだと思います。

出雲市大社町の「稲佐の浜」から
出雲市長浜にかけ弓状に
広がっている砂丘海岸で、
「国引き神話」の舞台として知らているそうです。

出雲文化伝承館

『 出雲文化伝承館 』で
出雲の文化を今知ることができます。

出雲文化伝承館

日御碕神社

hinomisakijinjya

『 日御碕神社 』は
『出雲国風土記』に
「美佐伎社」と記される古社で

素盞鳴尊(スサノオノミコト)と天照大御神(アマテラスオオミカミ)が祀られています。

御碕神社に近くには、
『 出雲日御碕灯台 』があります。
灯台の中では高さ日本一。

http://youtu.be/rxiBphqZRbk

この灯台はお金を払えば上まで登ることができます。
(高所恐怖症の人はご注意ください)

須佐神社

パワースポットと名高い、
『 須佐神社 』は、
須佐之男命の御魂を祀る神社だそうです。

スピリチュアルの江原啓之さんも
パワースポットとしてこちらの神社を紹介していました。

狭いですが、参拝方法や周り方など事前に調べてから行くといいですよ。

須佐神社

出雲市の隣、松江市の観光

松江市には、
共通入場券があり、

松江城
小泉八雲旧居
小泉八雲記念館
武家屋敷

の4箇所へ行けます。

共通入場券は
塩見縄手の入口(小泉八雲記念館前)で購入できます。

また、
共通入場券による、
割引がされる観光施設は、

松江堀川遊覧船
松江歴史館
田部美術館
松江堀川地ビール館
松江ホーランエンヤ伝承館
宍道湖遊覧船「はくちょう号」
袖師焼湯呑絵付体験
八重垣神社宝物殿
明々庵
月照寺
普門院
と、主要な周辺観光施設を
総て網羅しています。

この中で特にオススメをご紹介しますと・・・

スポンサーリンク

八重垣神社

八重垣神社は縁結びと子宝のご利益があると有名なところで

要約すると、
スサノオノミコトが、
イナタヒメノミコトを
救うために、
ヤマタノオロチをやっつけ、
無事にイナタヒメノミコトを守り、
結ばれました、とのこと。

鏡の池と呼ばれるところで紙を浮かべて占いをします。

1,紙を100円で購入
2,鏡の池で、紙の上に10円玉を乗せてそっと水に浮かべる
3,紙が沈むまでの時間や沈み方を観察

沈むまでの時間が良縁までの時間を示し、
沈んだ場所が縁のある人との現在の距離を示すと言われています。

女子には特に人気です。

また、八重垣神社の迎えにある商店では、
子宝を願うグッズが販売されています。

個人的なオススメは棒のついた飴になりますが、
知る人ぞ知る「授かり飴」です。

その飴の形が・・・ この公の場では声を大にしては言えませんが

男性の「ある部分」の形を象徴したものと、女性の「ある部分」の形を象徴したものになっています。

→ こんな形

棒を持って飴をなめていると・・・ けっこう恥ずかしいですね ^^;汗

サイズも小~特大とありますが、おみやげには大サイズがけっこう喜ばれます。 笑

出雲大社のついでに行ける温泉(いくつか)

出雲大社のついでに行ける温泉をご紹介します。

絶景の宿 御所覧場

松江藩主、松平不味公の別荘跡地に建つ秘境のお宿。

国指定の名勝の絶景、立久恵峡を眺めながら温泉に入れます。

出雲大社や須佐神社からも近いです。

日帰り温泉

ひかわ美人の湯

住所 島根県簸川郡斐川町学頭3646-1
電話番号 0853-72-5526
営業時間 10時~21時30分(受付は21時まで)
料金 大人(中学生~)500円
    (60歳~)400円
     小人(4歳~)300円

出雲大社と出雲空港の中間地点くらいのところにあります。(空港から近いです)

ひかわ美人の湯

湯元楯縫 割烹温泉 ゆらり

住所 島根県出雲市平田町7178
電話番号 0853-62-1234
営業時間 10時30分~22時

平田市というところにありますが、距離的には、
出雲空港からかなり近い日帰り温泉で、地元の人にも人気があります。

湯元楯縫 割烹温泉 ゆらり

まとめ

子供のころ、
出雲大社が以前はあんなだったとは!
と、驚きましたが、
出雲大社を実際に見た時、
私は何となく安心感をいただきました。

ご参考いただけると幸いです。

※あなたにオススメの記事
>>出雲大社の参拝方法。参拝ルート、マナー、作法の基本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする