ガンガラーの谷ツアー、服装(靴)はどうする?サンダルでも行ける?

gangara-fukusou

沖縄の森には『キジムナー』とやばれる木の精霊が住んでいます。
樹齢の長いガジュマルの木に住んでいるといわれます。

フッと何かが隠れた感じがたり、
誰かに見られてる気がしたなら、
それはキジムナーを感じた瞬間かも知れません。

沖縄の森の不思議をイッパイ感じて下さいね。

スポンサーリンク

ガンダラーの谷ツアーの服装は?(衣服)

ガンダラーの谷と呼ばれていますが、実際には森の中を歩く感じです。

頻繁に目に触れる訳ではありませんが、亜熱帯特有の大小の
生き物が生息しています。沖縄の森がそういう感じ、ということです。

小さい虫を見ただけでムズムズしちゃうっていう人は長袖が良いでしょうね。
綿のシャツは涼しいので良いと思います。

ピクニックに行けるような服装なら問題ないでしょう。
ジーンズにTシャツ、履き慣れた靴などで十分です。タオルはあった方が良いと思います。

サンダルやクロックスでも行ける?

通路は舗装されていますが、高低差があるので階段も設置されています。
サンダルやクロックスでも大丈夫ですが、ちょっとした
傾斜とかでズル抜けしないように、踵で止められるタイプの履物をお勧めします。

500円で、タオルと踵ストッパーが付いたクロックスを売ってるので、現地での調達も可能です。
ワンコインで買えるし、ほかの観光施設でも使えますから持ってても良いですね。

スポンサーリンク

一番良いのは履きなれたスニーカーでしょうね。しっかり足を包んでくれるし、
歩きも安定するから疲れも少なくてすみます。

初めて履くスニーカーなどは靴擦れの可能性もあるので、あまりオススメしません
ツアーの前に歩いておくことをオススメします。

ガンガラーの谷へ行く場合の注意点とは

沖縄の亜熱帯林が初めてなら、植物や生き物に簡単に触らない
ようにしましょう。まずはガイドさんに確かめてからにして下さいね。

通路の上を歩くようにして下さい。
安易に藪などに入ってはいけません。目には見えないところに
いろいろな生き物がいます。

これも滅多に目に触れることはありませんが、間違いなくハブも
生息しています。飼っている訳ではなく、自然に当たり前にそこで
生活している野生のハブです。

ハブは温度に反応するといわれています。クロックスやサンダルは
肌が露出するので、通路内を歩いて安全を確保しましょう。

ガンダラーの谷ツアーが始まると、途中にはトイレがありません。
ツアーの所要時間は1時間30分程度です。集団での移動になる
ので、ほかの人の迷惑にならないように、出発前にトイレは
すませておきましょう。

まとめ

注意事項はご紹介した通りですが、その点を気をつけていればあとはとっても楽しいツアーです
良い思い出になることを願っています^^

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>沖縄アクティビティで人気なのは?おすすめランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする