高遠桜2015の見頃は?ライトアップやさくらまつり、駐車場情報

takatouzakura2015-raitup

高遠の桜というと当時、馬が桜に隠れて見えなくなったという逸話があるほど。一時期は
荒れた高遠城祉を高遠藩の旧藩士たちが馬場の桜を移植したのが公園の始まりだといいます。

こんな歴史ある高遠の桜、是非さくらまつりで堪能してくださいね。今回は高遠桜まつりの
ライトアップや駐車場の情報などを調査してみました。

スポンサーリンク

高遠桜2015の見頃は?ライトアップはいつ頃?

ライトアップは桜の咲き始めから桜の散り終わりまでです。日没から最盛期は午後10時まで。
桜の見頃ですが、近年と比べるとだいたい4月半ばから後半ぐらいになるようです。後半だとちょっと
遅い場合があるのでお早目に出かけることをおススメしますよ。

高遠さくらまつり情報

公園開き:4月1日
祭期間:4月1日~4月30日

開園時間:午前8時~午後5時(最盛期は午前6時から午後10時)※天候で変更あり。
     ※入園の最終は午後9時半になります。

入園料:個人:大人500円 子供250円
    団体:大人:400円 子供200円

城祉公園のほか、進徳館、絵島囲み屋敷もご観覧いただけます。
城祉公園の入場券を持っていくと、信州高遠美術館、伊那市立高遠町歴史博物館の入館が割引。

スポンサーリンク

公園内ではゴザを貸出行っています(有料)。犬を飼っている方はリードが必要です。
公園内ではロングリードにならないように注意してくださいとのこと。

高遠公園ではゴミ持ち帰り運動実施中。
ベビーコーナーもあります。授乳やおむつ交換ができます。(無料)
最盛期に変動はありますが、休憩所があります。150名収容の場所です。

◎イベント情報

4月13日    篠笛(大野利可)
4月16日    江戸かっぽれ(桜川光江)
4月17日    高遠ばやしの巡行
4月11・18日 抹茶体験(体験費500円)
4月17・18日 ご当地グルメを食べよう
4月15日    桜茶サービス(桜の漬物、花づくしをお湯で溶いたお茶)

高遠桜見に行く場合の駐車場情報

市営駐車場料金(一日一台)

大型バス・中型バス 3000円
マイクロバス    2000円
普通乗用車      700円
自動二輪・原付    200円

無料臨時駐車場

◆土日平日 総合グラウンド、文化センター、高遠中学校、弁財天河原、ほりでいパーク
◆土日のみ 高遠小学校、高遠高校、伊那市市役所

まとめ

今回は高遠のさくらまつりの桜の見頃やライトアップ、駐車場の情報をまとめてました。
桜と言うとどこで見ても同じように感じるかもしれませんが、その歴史を紐解いてみますと何か
違う雰囲気を感じます。そういう意味で歴史を調査して桜を鑑賞するとまた違う楽しみ方ができるかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする