電力自由化で賃貸アパートやマンションの場合、選べるの?見分け方は?

denkijiyuukaapa-to

スポンサーリンク

電力自由化で賃貸アパートやマンションの場合、選ぶことはできるの?

基本的に賃貸マンションやアパートの方でも自由に電力会社を選べます。
すでに敷かれている電線をそのまま使用しますので、大掛かりな工事は
必要ではありません。

電線の中の出元が変わるだけなので特別許可は必要ではありません。
実際、変更となるとメーターの交換が必要になりますが、これも日常的に
交換はなされているので問題はないようです。

実際、交換がなされても大家さんは全くノータッチで勝手にやっているとの
ことです。連絡もしないようです。(メーターは電力会社の持ち物)

電力自由化で賃貸アパートやマンションの場合、選べるのか、見分け方は?

上記の内容と関係しますが、自由契約ができない場合が唯一あります。それは
マンションが高圧一括受電契約をしている場合です。この高圧一括受電契約というのは
マンション1棟全体で電力会社と高圧電力の契約をするものです。

スポンサーリンク

この場合、マンションの共用部分に高圧の安い電気単価が適用されるというものです。
これは共用部が安くなるわけなので、管理費が安くなるというメリットがあります。

自分のマンションが高圧一括受電契約をしているかどうかの確認は、管理組合で
ご確認いただくのが一番良いでしょう。

電力自由化で切り替える際に大家さんや管理会社との連絡はどのようにする?

上記で述べた通り、電力会社は個別で契約できます。例えばインターネットの場合、
回線工事は建物全体で行っていますが、プロバイダー契約は個別で行います。
引っ越しの場合も自分で電力会社に連絡しますね。

これを考えると個別で契約できるマンションやアパートの場合、電力自由化で
個別に契約するとしても事前に大家さんや管理会社に連絡する必要はありません。

まとめ

電力自由化でアパートやマンションでも電力会社が選べるのか、その
見分け方をまとめてみました。

少しでも節約したいご家庭では朗報ですね。これからそんな時代になって
いくのでしょうかね。どこまで安くなるのか見ものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする