アブラムシ駆除退治にはこれが一番効果テキメン。おすすめの対策方法

家庭菜園やガーデニング。楽しんで植物や野菜を育てたりしているのはいいけれど、
気づいた頃には、「何これ~~!?気持ち悪い~~!!」と言わんばかりの虫達がっ・・・

今回は多くの人が困っている「アブラムシ駆除の対策方法」についてお話していきます。

スポンサーリンク

gardening

アブラムシを近づけないための予防対策

なるべくならアブラムシさんには近寄って来てほしくないですよね?^^;

アブラムシはどんなものが好きで寄ってきやすいのか。
どんなものがキライなのかを知ることで予防ができます。

<アブラムシが好むもの>

・アブラムシとは言わずほとんどの虫に共通しますが、花の蜜があるもの
香りが良くて甘酸っぱいニオイのものなどが好きです。

いいニオイがするものは大好きなんですね(人間と一緒ですね 汗)

・アブラムシは黄色い色が好きで、黄色い色のものに寄ってくる性質があります。
 市販で売られている黄色い粘着テープを植物の外側に吊るしておけば、
 外側でキャッチして、植物にくっつくのを防ぐことができます。

<アブラムシがキライなもの>

・アブラムシは反射する光や眩しいものがキライです。

 いらなくなったCDやDVDを吊るしておく(裏面がピカピカ光ります)
 アルミ箔を敷いておく、ぶらさげておくことでも予防ができます。

アブラムシの上からスプレーする

アブラムシの上からスプレーする、いわゆる「外側から退治」する方法もあります。

家庭にあるものや殺虫剤で対処していきます。

・牛乳を水で薄めてスプレー

・台所用食器洗剤を薄めてスプレー

・焼酎をスプレー


窒息させて退治するという原理です

スポンサーリンク

・酢を水で薄めてスプレー

・木酢液を薄めてスプレー

これらは忌避剤ですので退治というよりその場から逃げさせる、寄せ付けない
という方の目的で使います。

アブラムシ駆除・退治にはこれが一番効く!

そもそもアブラムシというのは吸汁性害虫と呼ばれる樹液を吸うタイプの虫です。

退治するためには、植物の葉や茎から薬の毒素を入れておき、
それをアブラムシが吸い上げることで
全身に薬の成分を行き渡らせるようにする。

これが退治方法としては一番効きます。

これができるのが、
ホームセンターで売られている

・オルトラン水和剤

・オルトラン粒剤

です。

水和剤の方は水に溶かしてスプレーするタイプで希釈の容量は書いてありますので
そちらを見て希釈しましょう。

粒剤は、植物の根本にパラパラと巻いておきます。

だいたい効果は2~4週間といったところですので、この頻度で薬をまいてあげてください。

アブラムシ駆除・退治のコツ

アブラムシだけではないですが、ある程度の耐性ができてくる場合があります。

その時は、同じ退治法を何度もやってくると、
だんだんと効き目が悪くなってきてしまうので、

薬剤を時々変えてみるなど、退治法をローテーションさせて

入れ替わり立ち替わりでやってみましょう。

一度で全部キレイに退治できるわけではなく、ある程度の根気も必要です。

せっかくのガーデニングや家庭菜園。害虫に振り回されずになるべく楽しくやりたいですね。

この記事を読まれた人はこんな記事も読んでいます。
>>ベランダに蜂が来ないようにするためのテキメンな対処法
>>ベランダに赤い小さい虫の正体は?殺虫剤はNG。正しい駆除法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする