ファーのお手入れ 洗濯を自宅でする方法

fa-oteire-sentakujitaku

冬の季節のおしゃれのアクセントから暖房効果まで、コートは勿論セーター等にも付いているファーのお手入れにはちょっと困ってしまいます。
クリーニングに出すと高いし、かといって自宅で洗ってふわふわ感がなくなり台無しになってはなお困ります。
そこでファーを自宅でお手入れする方法を簡単にお知らせします。

ファーにはリアルファー(本物の動物の毛)と
フェイクファー(アクリル繊維が多く使われている人工皮革、模造毛皮)の
2種類ありますので、
それぞれ違ったお手入れ法で、
ファーの良さを失わないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

ファーについたくせをどう直す?

ファーが保管の仕方で、変な癖がついてしまった場合、蒸しタオルを当てたり、アイロンの蒸気をあてて、乾いたらやさしくブラッシングすると戻ります。
(プロのクリーニング店によく素材を見てもらって聞いてみるのも良いでしょう)

リアルファーの手入れ方法

毛皮はそんなに頻繁にクリーニングするものではないのですが、襟など肌に近いために、ファンデーションがついてしまったり、食べ物、飲み物で汚れてしまったり、シミが付いてしまったような場合は、迷わず毛皮洗浄が得意なプロのクリーニング店にお任せするのが懸命です。

ですが毛皮のクリーニング代は高いですし、度々出していては毛皮その物が傷んで
しまいます。そこで、自分で日々ケアしておきましょう。

帰宅した時に、毎回ハンガーに掛けて風通しの良い所に吊るして、軽く手で払ったり、振ったりしてホコリを払います。後は丁寧に指で軽くとかしたり、ブラシを軽くかけたりして、毛並みを綺麗に整えます。毛皮専用ブラシを用意するのもお勧めです。

スポンサーリンク

雨に当たるなど濡れてしまった場合は、タオルかガーゼで優しく水分を拭き取り、風通しの良い所に干してください。乾いてから軽くブラッシングすると、またふわふわ感が戻ります。毛皮専用のスプレー(輸入品)で日々ブラッシングをしておくと、艶も保て汚れもつきにくくなり、いつも気持ちよく着用出来ます。
(スプレーはかえって匂いをつけてしまう製品もあるので、気をつけてください)
ファーはそもそも動物臭がすることがありますが、この臭いとりにはクリーニングに出されるのが正解です。ファブリーズなどは、一時的ですし、かえって臭いを深める場合もありますので、注意が必要です。

フェイクファーの手入れ法

フェイクファーは気軽に着れてお手入れも簡単と思いがちですが、うまく手入れしないと毛が纏まってしまって、何となくみすぼらしくなってしまいます。
特に汚れが目立ってきたり、臭いがついてきたら、毛の長さが短いものは自宅で洗ってみましょう。

ファーを自宅で洗濯する時、洗剤やシャンプーはどんなものを使う?

表示の洗濯機、手洗いオーケーマークをよく確認し、「おしゃれ着洗い洗剤のエマールやアクロン」などのほか、プロのクリーニング店が使う「プロ・ウオッシュ」
がお勧めです。
ファーはゴシゴシ洗いをしないことが原則ですが、自宅仕様のシャンプー、コンディショナーでも、ペット用シャンプーでも洗えます。

ファーを自宅で洗濯する方法は(洗濯の仕方は?)

前述の洗剤かシャンプー、コンディショナーを使って、ふり洗いするか、ネットに入れて軽く押し洗いをします。

洗剤、シャンプーを水で洗い流して、コンディショナーをつけ、また水で洗い流ししたら、タオルドライして、通気性の良い所に陰干します。濡れているときは触らないのがベストです。

乾いたら、手で形を整えてハンガーに吊るしたまま保管しましょう。フェイクファーは、リアルファーと違い、毛が抜ける心配がありますので、ブラシはかけないほうが良いですが、急いで形を整えたい場合は、針金様のブラシでゆっくり優しくブラッシングしましょう。

こちらにマスコミにも取り上げられているクリーニングのプロの「洗濯王子」
が、動画で説明していますので、参考にしてみるとよいでしょう。

まとめ

いずれにしても、ファーを洗濯機で洗う人もいますし、水洗いする人もいます。
いずれも綺麗に出来上がる場合もありますが、物によっては見るも無残な状態になるかもしれません。家庭で洗う場合は、まずクリーニング店と相談して、後々悔いを残さないよう慎重な取り扱いが必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする