雛人形の供養のタイミングはいつ?どこでする?費用はどのくらい?

kitou1

雛人形の供養をしようかなとお考えの場合、いつのタイミングでしたら良いのか、
どこでするのが良いのかが気になりますね。
大切にしてきた雛人形、どのくらいの費用で供養してもらえるのでしょうか。

気になることをまとめました。

スポンサーリンク

雛人形の供養のタイミングはいつ?

雛人形の供養をするときは、雛人形の持ち主がなくなった場合や様々な理由があって飾ることができない場合です。

実家で母親が雛人形を飾ってくれている、嫁ぎ先へ持参して自分で飾っているなど、雛人形が飾られているのなら良いのですが、なかなか飾れない・飾らないといったおうちもあるでしょう。
手入れも行き届かず放置されてしまうのであれば、供養のタイミングでしょう。

供養する場所によっていつでも受け付けているところがあったり
1年に1度受付のタイミングがあるところもあったりしますので、まずは供養する場所を最初に決めるのが良いと思います。

雛人形の供養どこでする?申請や供養の手順は?

各地の人形共同組合による人形供養祭や神社、お寺で供養をしてくれます。
雛人形の場合、人形の他に小物類などもあり材質的に供養対象外もありますので受け入れ先の詳細を確認しましょう。

毎月供養が行われているお寺では、通年、随時郵送で受け付けまたは供養当日持ち込み可能となっています。
年に一度と限られている場合は、郵送受け付けと当日持ち込みがともにOKなところと持ち込みに限られる場所があります。

<郵送の場合>

スポンサーリンク

例1:決められた宅配便の箱サイズに収め、発送、指定金融機関から供養料を納める(または箱サイズに応じた供養料を納める)

例2:決められた日程内に受付場所へ持ち込み供養料を納める

<当日持ち込みの場合> 例1:人形供養祭当日に開催場所へ持ち込み、供養料を納める

雛人形の供養、費用はどのくらい?無料でできる方法はある?

雛人形の供養は供養料3000円から10000円以上までありますが、5000円前後が主流のようです。
また供養料があがるのは、大きさや容量などによるものなのでお手持ちの雛人形の大きさ、数量によります。

郵送で送る場合、みかん箱位の大きさ3辺(たて+よこ+高さ)の長さが70cmで5000円、140cmで10000円等大きさにより1箱○○円という料金体系や、
雛人形一式10000円という方法もあります。(七段飾りになると20000円など)

一式の場合は飾り物の付属品、ひな壇も受付可能なところもあります。
人形だけを受付、供養の場合はあくまで人形のみでガラスケースなど不燃物は受付しない方法が主流です。

また、人形供養が一部では無料で行ってくれるというところもあるようですが、
供養費は無料だけれど事務手数料がかかったり、査定といった形での引き取りだったりします。
供養費が無料のため有料で行っているものより簡易な供養になるようです。

査定は供養ではなく、引き取りですのでご縁や風水などを大事にされている方向きではないでしょう。

まとめ

壊れたり古くなってしまって処分できないのは一緒に時間を過ごしてきたからこそ。
成長を見守ってくれた雛人形を、感謝の気持ちをこめて供養でお送りできると良いですね。

※合わせてよく読まれている記事
>>バッグのカビ取りとカビ臭いのをなくすには?カビ防止方法も合わせてご紹介。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする