お歳暮のお礼状に手書きをそえる場合の一言例(ビジネスシーン)

oseibotegakioreijyou

お歳暮自体やお礼状など日本の習慣ではありますが、時に堅苦しく感じませんか?
だからと言ってやらない、ということはできませんが、その中でも一言手書きなどを添えると全く印象が変わってきます。

そこで今回はお歳暮のお礼状に手が気を添える場合の一言例を「型にはまった」ものと「型にはまらない」色々なものをあげてみました。ケースバイケースなので、これは違うなあと思うものもあるかと思いますが、良いものだけ参考にしてください。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼に手書きで添える一言例 (ビジネスでの会社取引先あて)

◎ビジネス会社取引先あて

私どもが、今年一年大過なく過ごすことができましたのも貴社を初め多くの皆様のお陰と心より感謝しております。貴社におかれましては今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。

お歳暮のお礼に手書きで添える一言例 (ビジネスでのお客様あて)

◎ビジネスお客様あて

いつもごていねいなお品をいただき却って恐縮しております。
今から喜ぶ家族の顔が目に浮かぶようです。
取り急ぎお礼のみにて失礼します。

お歳暮のお礼に手書きで添える一言例 (会社上司あて、部下あて)

◎会社上司あて、部下あて

スポンサーリンク


いつもながらの御心遣いに深く感謝しております。
何かと忙しい年の瀬ですが、お体に気をつけ、良いお年をお迎えください。
まずは略儀ながら御礼まで。


この度は見事なお品物をありがとうございました。
ささやかではございますが、御礼の品を贈らせていただきます。
ご笑納いただければ幸いです。

◎誰とも当てはまらない参考にできる一言メッセージ

風邪が流行っているようですから、ご自愛ください。

厳冬の折、おかわりございませんでしょうか。

来年は、ますます良い1年になりますように。

たくさん良きことがありますように、来年はお互いに素晴らしい年にしましょう。

なお一層のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

これからも変わらぬご指導をよろしくお願いします。

今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

今年よりもより一層仕事に精進したいと思いますので、ご指導お願いします。

来年もお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか?

近いうちに会えたらいいね。

また会える時を楽しみにしております。

次に会える時を心待ちにしております。

まとめ

今回はお歳暮のお礼状に一言添える手書きの例をあげてみました。
なかなか難しく「これは失礼ではないか?」と考えて、まとまりませんでした。

メンタリズムのダイゴさんってご存じですか?彼が一言添える場合、ありきたりな
文章を書いてしまいがちですが、やはり人って一番気になるのは「自分」なんだそう
です。贈るその方について書いてあげる意識って大事なようですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする