指輪のつける位置で意味。左右でも違う小指、中指、薬指・・の意味とは

yubiwanotukeruitinoimi

指輪と言えば、左手の薬指に光るもの。

左手薬指=結婚となった理由は、時は古代のローマ・ギリシャ時代に遡ります。
元々、指輪は薬指1本だけに着けるのが習慣で、左手の薬指には心臓に繋がる太い血管があるとされていました。
そのため、この薬指に永遠の意味を持つ結婚指輪を付けることで、同時に永遠の愛を象徴するようになった、とのこと。

薬指以外に、親指にリングをはめるとなんでも望みが叶うとされていました。
昔の戦いで弓を引くとき、親指を保護するためにリングをつけたことが始まりだそうです。

その後、様々な指に着けられ、17~18世紀頃から指輪を着ける指にそれぞれの意味合いが定まり、
指輪を着ける人の仕事や願いを意味するようになった。

では、指輪をつける位置での意味がどのような意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

小指に指輪をした時の意味 (右、左それぞれ)

< 右手 >
・自己アピール。
・変わらぬ想い。
・お守りとして。
自身の魅力を示し、「 チャンスに恵まれる 」といった意味があるとのこと。
事故防止など、お守りの意味もあります。

< 左手 >
・恋人・愛・出会い
・片思いの人がいます
・願い事を成就させる指 
・変化とチャンスの象徴
チャンスを呼びこみ、恋を引き寄せる効果があります。
願いを叶える意味もあるので子宝や安産祈願に自分の誕生石をつけるも効果的。
幸せが右の小指から入ってきて左の小指から抜けると言われていることから、
左の小指にピンキーリングをつけると、入ってきた幸せを逃さない。

薬指に指輪をした時の意味 (右、左それぞれ)

< 右手 >
・心の安定、落ちつき。
・恋を叶えます。
・創造性やインスピレーションを刺激。
心が落ち着かない時や、不安や恐怖心が起きた時に、右手の薬指に嵌めてみましょう。
精神の安定、心の安定、落ち着きをもたらし本来の自分らしさが出せます。
また、人間関係を円滑にしたい時にも効果的。

< 左手 >
・愛の進展を深める指。
・婚約しています。
・愛の絆を深める。
愛を深める、心を受け入れる、絆を深めるといった意味があります。
恋をしているときは、寝ている時だけつけても効果的だそうです。
お仕事中つけられない方、など試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

中指に指輪をした時の意味 (右、左それぞれ)

< 右手 >
・恋人募集中。
・邪気から身を守る。
・自分の意思のままに行動したい時やパワーが欲しい時。
行動力・迅速さを発揮する、直感力や行動力を高められます。
邪気を祓い、霊感や直感力を高めてくれます。思い描いた結果を出したい時に着けましょう。
金運アップもこの指です。

< 左手 >
・協調性。
・好きです。
・人間関係改善、コミュニケーションが円滑・スムーズに。
中指そのものが、ひらめきの指。
右手と同じように、直感力の向上という意味があります。

人差し指に指輪をした時の意味 (右、左それぞれ)

< 右手 >
・集中力・行動力。
・ハートに気付いて。
・自分の意志を強固にしたいとき。
集中力を高めて物事を達成したい時に力をあたえてくれます。
勉強や仕事などを集中して行いたい時に効果的です。

< 左手 >
・精神的に高め、積極性を引き出す指
・私を見つめて。
・精神的に前向きでありたいと願うとき
迷いが消え、積極的になりたい人。
何か新しいことを始めようと思っている人はこの指に指輪をしましょう。

親指に指輪をした時の意味 (右、左それぞれ)

< 右手 >
・リーダーの風格を与えてくれる。
・信念を貫く。
・集団のトップとして働くために。
信念を貫く、困難を乗り越え目的を達成する力を与えてくれます。
行動力や意志力を持続させたい時、大きな障害を乗り越えるパワーが欲しい時に効果的。
また、右親指は指導者を表わします。
恋でも自分が主導権を握りたい時、リーダーシップを発揮したい時に付けましょう。

< 左手 >
・信念をもって前進できる。
・難関突破が必要な時につける指。
意志を貫き、影の支持者を集めます。
難関の突破、自分自身の持つ精神力を高め、困難を乗り越える力を引き出してくれます。

まとめ

指輪をはめる指にそれぞれ意味がありました。

実は足の指にもあるそうで、
指輪に健康と病気の回復の効果がある、とのこと。

就寝時は両足の指に着け、普段は手の指に着けると効果的だそうです。

下記の症状がある時に、参考にしてみてください。

< 足の指に着ける場合の効果 >

親指:肺・大腸経
肺など、呼吸器系に効果があります。

人差指:肺・大腸経
肝臓・胃・膵臓などに効果があり、肩こり、首のこりなどにも効果あります。

中指:心包・三焦経(免疫系)
免疫系や循環器系に効果があります。

薬指:心包・三焦経(免疫系)
神経や視覚中枢に効果があります。

小指:心・小腸経
心臓や生殖器に効果あります。

両足指に嵌めてみましょう。
効果は人それぞれ。
信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする