喪服と礼服の違い男性編。スーツの選び方とシャツやネクタイの使い分け

mofukureifukutigai

喪服と礼服の違いって聞かれるとよくわからないことってないですか?特に
黒のスーツと何が違うのか悩みますよね。男性は勿論、女性である奥様も旦那さん
の礼服を準備するときに恥ずかしい思いをしないように知っておくべきです。

そこで今回は礼服と喪服のスーツの違いを調査してみました。ネクタイなどの
使い分けも見てみましたので、どうぞ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

喪服と礼服の違い男性の場合は?

最初に礼服と喪服の簡単な違いを説明しておきたいと思います。以下の関係。

◎礼服

冠婚葬祭などの儀式で敬意を表するために着るものでフォーマルウエアとも
言います。礼服を正装とか礼装とも言います。

◎喪服

葬儀や法事などで着るもので黒などが一般的とされています。

男性の場合はスーツの違いということになりますが、礼服の場合は、スーツの中
で冠婚葬祭など儀礼の場面で身に着ける衣服になりますので、通常のスーツとは
違うことを覚えておきましょう。

喪服の場合は、無地のブラックスーツであり、紳士服の礼服売り場にあるものです。
準喪服とも言いますが、最近では一般的な喪服となっています。

かなり何が違うのかと思いますが、使う場面が全く違いますし、通常のスーツ
ではなく礼服売り場のスーツだと言うことを覚えておけばいいでしょう。

喪服男性のスーツの選び方

礼服売り場に行けば間違いないのですが、通常のスーツと一番違うのが生地です。
礼服は光が出ないように、テカらないようになっています。いつでも黒いです。
しかし通常のスーツは光に反射するため違いは一目瞭然です。

これらは店内で買うと光の具合などがよくわからないので結構難しいですが、
礼服売り場で店員さんの指導があれば間違いないです。

スポンサーリンク

喪服男性でスーツやネクタイの使い分けについて

スーツは上記に簡単にまとめましたので、それらを参考にしてみてください。
ネクタイに関しては黒で良いのですが、ネクタイピンはつけません。

ネクタイピンにしてもカフスにしても光るものは身につけないようにします。
どうしてもダメならば光らないもの黒石などの素材にします。
ちなみにワイシャツは黒ではなく白色です。

まとめ

今回は喪服と礼服の男性のスーツの違いを調査し、まとめてみました。
細かい違いがあるんですね。通常のスーツとは比べてみて初めて分かる違いなので
公式の場に出て恥をかかないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする