革ジャンの手入れ方法、必要なグッズは?梅雨や夏時期の保管方法は?

kawajyan-teire-guzzu-hokan

革ジャンのお手入れって面倒くさい・・そうお感じではないですか?私も持っていましたが
ゴワゴワでめちゃくちゃ着にくかったです。お手入れを全くしないと私のような目に遭います。

今回は革ジャンのお手入れ方法について調査してみました。調査してみると全然面倒臭くない
ことがよくわかりました。少しのお手入れでいつまでも新品同様の革ジャンを楽しめますよ。

スポンサーリンク

革ジャンの手入れに必要なグッズは?

革ジャンと言えば、汚れ取り用の皮革ブラシ、保湿用クリーム、保革用オイルで
十分ですかね。以下に代表的なものを選んでみましたので、ご覧ください。

●ミンクオイル(革をやわらかくし、光沢を保つ効果があります)

●ラナバー(防水効果が高く型をしっかり保ちたい場合に役立つオイル)

●馬毛ブラシ(誇りを取るのに長い毛先が役立つのでおススメ)

※以下でお手入れについて書いていますが、ブラシではなく布とかタオルと書いています。
タオルが悪いわけではないので、余裕があればブラシを購入してみてください。

革ジャンの手入れ方法の手順は?手入れの頻度は?

革ジャンをシーズン中に着ているときは体から出る汗などで、いわば保湿できますが、
着ない場合は油分が不足して硬くなってしまいます。しかも繊維が弱くなり破れやすく
なるということですよ。

スポンサーリンク

油分を補足するために保湿クリームを塗ります。サッと全体に塗る感じで大丈夫ですよ。
後は型崩れしないように厚めのハンガーにかけてください。ちなみにクリーニングは
出さないでも大丈夫です、むしろ変色したり、硬くなります。

手入れの頻度については週に一度、乾拭きしてあげればいいですよ。意外と手間がかかる
かなと思ったのですが、逆に手間をかけたり大事にし過ぎるとダメみたいですね。

革ジャンの梅雨時期・夏時期の保管方法は?

保管の時はホコリを柔らかい布で拭き取ります。汚れは軽く濡らしたタオルでふき取ります。
塗り過ぎに注意ですが、ミンクオイルなどで保湿します。形を整えた後に風通しの良い場所で
しかも直射日光は避けて保管します。

間違ってもビニールなどで覆って保管しないようにしましょう。大事にするのは
わかるのですが湿気に弱くカビが生えやすいので注意です。普通に保管すれば大丈夫ですよ。

梅雨時期も上記に述べたことを踏まえていれば大丈夫です。ただこの梅雨のシーズンに着るので
あれば水には注意。やはり拭いてあげて風通しの良い場所で乾かすこと。
温風をあてたりするのはNGなので注意してくださいね。

まとめ

今回は革ジャンのお手入れ方法についてまとめてみました。意外と簡単だな、そう思われた方が
多かったのではないでしょうか?ちなみにミンクオイルについて書きましたが、馬革の革ジャンには
そのオイルは禁物なので注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする