車運転での日焼け対策。顔や手を紫外線から防止する方法は?

kurumaunnten-hiyaketaisaku
車の運転中、車内だからと思って油断していたら右腕だけ日焼けしていることがあります。
車のガラスがUVカットガラスだから大丈夫、と思っていました。

UVカットガラスだから、紫外線を防いでくれてはいるのですが、足りないのです。
防備が。

UVAっていう紫外線は車の窓ガラスを透過して肌の真皮まで届き、肌のハリを保つコラーゲンとエラスチンを壊して、シワやたるみの原因にもなってしまいます。

すぐにシミやしわができなくても、肌の再生能力が低下する30代後半~40代、若い頃に受けた紫外線のダメージが肌に現われる可能性があるのです。

すぐに対策をとりましょう。

スポンサーリンク

車運転での日焼け対策。顔が日焼けするのを防止する方法は?

とにかく日光を防御しましょう。

日焼けをしないためには、とにかく肌を日光にさらさなければ万事解決です。
当然のことですが、これが大事なのです。

完全に日光を避けるには顔を覆う以外にありません。
完全に避けることは日常では不可能なので、「 できるだけ 」 避けるようにしましょう。

車運転での日焼け対策。顔の日焼け防止におすすめのグッズは?

覆面マスクで覆いたいくらいですが、危険人物になるので被れません。

ですが、耳まで焼かない、首までカバーしてくれる、顔カバーがあるのです。
もしくは、車の中でもつばの大きい帽子を被るのも策と思います。

しっかりと、日焼け止めを塗りましょう。
基本、二時間に一回は塗りなおします。
お顔も身体も。

そう、下地やファンデーションを塗るだけでも遮ることはできます。
ですが、もっとしっかりと対処するなら、UVカットに強いアイテムを正しく使うことでしっかりガードができるのです。

急いでいる時など、手早くささっと塗ると思います。
実は、ムラになっていることもあるのです。
そうすると、ちゃんと濡れている場所、濡れていない場所と混ざり、シミが顔中に出てしまうことも。
また、汗で落ちてしまった時に塗り直しをしないと、塗っていないのと同じくらい残念なことになります。

日焼け止めアイテムは顔や首などにきっちりと隙間なく塗り、少々重ねて塗るくらいの厚さもガードのうちかと思います。
ただ、塗りすぎて乾燥しないようにお気をつけください。

また、みなさま、どのような日焼け止めを選ばれているのでしょうか。

SPFやPAが高すぎるのは極力避けるのも、お顔のお肌には大事なことです。
日本の場合、真夏日の日常生活でも、SPFは30前後、PAも++か+++で十分。
それ以上高いと、肌に負担になってしまうことがああるのです。
特に、敏感肌の方には好ましくありません。

強い日焼け止めには紫外線吸収剤という刺激的な成分が入っていることが多く、肌への負担となってしまいます。
そのため、吸収剤フリーの優しいものを、お顔にはお使いになられた方がよろしいかと思います。
そして、こまめに塗りましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めでお肌は策をとれますが、日焼け止めが濡れない、とても大事なところがあります。
それは、「 目 」
「 目 」から紫外線を取り入れてしまっているからなんです。

車内などの目に直接日が当たらない状況でも、目は、紫外線を感じるだけで、目だけではない体の他の部分に
メラニンを生成する指令が出されます。
メラニンを生成する、ということは、「シミやそばかすが作られる」ということ。

お顔にしっかり日焼け止めを塗っていても、身体を服で覆っていても、その指令がでると肌は黒くなってしまうのです。

サングラスはもちろん、紫外線・UVカットのダテ眼鏡で、メラニン生成の指令を回避させましょう。

サングラスはあまり暗くない方がおススメです。
サングラスを外した時、まぶしすぎて、よりメラニン生成を促してしまうこともあるのです。
適度な暗さのサングラスを探しましょう。

車運転での日焼け対策。手や腕が日焼けするのを防止する方法は?

車についているサンバイザーを窓側に倒しても、日差しは避け切れません。
とにかく肌を日光にさらさないこと。

夏であれば、半袖、ノースリーブをお召しの際は、日焼け止めを忘れずに塗布しましょう。
そして、できれば長袖など着用してガードすること、おススメします。

車運転での日焼け対策。手の日焼け防止におすすめのグッズは?

長袖は暑いですね。
それなら、「 アームカバー 」はいかがでしょうか。
昨今、運転中の紫外線対策として定番になったアームカバー。
肌に直接日光を当てない、紫外線を浴びせないのが一番の日焼け対策。

しかし、紫外線というのは布の隙間をぬって肌へと到達してしまうので、肌には日焼け止めを塗って、その上からアームカバーをするのが一番効果的です。

特に、車で体の右側だけ、左側だけ太陽を浴びる場合には、アームカバーをしていないよりは絶対的に効果があります。

最近では、運転もできる「 長手袋 」もあるので、指や手の甲の日焼けも防いでくれます。

アームカバーは、運転中は着けていても問題ありませんが、車を頻繁に乗り降りされる方には。付けたり外したりが面倒だと思います。

おススメなのは、UVカット加工のされたストール。
運転席に座って羽織るだけなので、着ける手間はありませんし、車から降りる時もそのまま運転席に置いていけますので、わずらわしさがありません。

私は、長袖派です、とおっしゃる方には、UVカットの薄手のカーディガンを普段から着用することをおススメします。

暑い時、ジャケットの下は半袖やノースリーブという人が多いと思います。
ふとしたタイミングでジャケットを脱いだ時、肌は紫外線を取り入れているのです。
ジャケットの下にカーディガンを羽織っておけば、UVカットはもちろん、知らない間に日焼けしてしまった、と、慌てることもありません。

夏場、長袖を着るクセをつけてしまうと、暑さもそれほど苦しくない、とおっしゃる方もいらっしゃいます。

まとめ

曇りでも雨でも手を抜かないようにしましょう。

紫外線対策と言えば晴れの日するのは、もちろんですが、曇りの日でも晴れの日の50~80%、雨の日でも20~30%の紫外線量なのです。

晴天の日はもちろん。
曇りの日も万全対策をとりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする