髭剃りで肌荒れする原因は?対策方法やうまく剃る方法について

higesorikotu-senngann-higesori

髭を剃った後に肌がヒリヒリ、ピリピリしたことってないですか?赤く腫れたり
痛みが続いて、なかなか次に髭剃りが出来なかったりします。

今回はそんな髭剃りの肌荒れに悩む方への記事です。髭剃りで肌荒れする原因や
上手に剃る方法などを調査してみました。

スポンサーリンク

髭剃りで肌荒れする原因は?

髭剃りで肌が荒れる理由は、髭剃りで髭だけでなく肌も一緒に削られるからです。
肌の表面には角質層という層があり、これは肌の乾燥やウイルスの侵入を防ぐ
役割があります。これがなくなるわけですから肌が荒れやすくなるのは当然です。

髭剃りで肌荒れしないための対策方法

まず電気シェービングで髭を剃ると荒れやすい傾向があります。それは「そのまま」
髭を剃ってしまうからです。カミソリと髭の摩擦があるんですね。なので、それを
なくしてあげると肌荒れしにくくなります。

つまり髭を濡らしたり、蒸して柔らかくすると摩擦が少なくなります。シェービング
剤を使うと更に髭が柔らかくなるので効果的です。

スポンサーリンク

気をつけていても肌が全く無傷というわけにはいきません。髭を剃った後は化粧水や
乳液、それら二つがプラスされた美容液を使うことでケアできます。

髭剃り自体をケアすることも大事です。よく私も刃がボロボロであったり、髭がたま
ってしまったりと、お手入れが全然できていない時があります。

まずは髭を剃った後は綺麗に洗い流します。髭がたまってしまうので電気カミソリは
分解して水洗いすることも必要です(出来ないものもあります)これらの手入れが少ない
高価なブランドものを使うのも方法の一つだと思います。

髭剃りでうまく剃る方法は?

ここでは剃刀を使う場合をご紹介します。髭を剃るのと、肌荒れしないことの平衡を
保つのが難しいのですが、まずは毛の流れに沿って剃ります。次に逆向きに剃って
いきます。逆向きは肌を傷つけやすいので、優しく丁寧に行います。

カミソリの場合は、カミソリの刃が多い方が肌を傷つけにくいので、そちらを使います。
電気カミソリの場合も、よく「3枚刃」とか言いますが、枚数が多い方が効果的です。

まとめ

今回は肌荒れしないように髭を剃る方法をまとめてみました。

個人的にはいつかブラウンの髭剃りを買いたいですね。でもなかなか手が出ない。
ラジオなどのショッピング番組を聞いてるとすごくお安くご紹介している場合があるので
検討している方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする