離任式の挨拶の例文。教師が小学校で話す内容は?

小学校での離任式で教師の皆さんが最後に挨拶することがありますが
短い時間で何を語るか?これって本当に迷いますよね。

そこで今回は離任式で話す際のポイントと
実際に話された内容を例文として上げてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

離任式の挨拶 教師が小学校で話す際のポイントは?

きっと生徒への感謝の言葉が出てくることかと思います。しかし聞き手には
生徒と元同僚の2種類があるということを意識しておきましょう。生徒は
先生とのエピソードを思い出し、同僚は先生の言葉を聞き初心を思い出します。

意識するだけで少し違うかと思います。

また色々な思い出が出てくるかと思いますが、時間配分もありますし、生徒の
集中力には限界があります。生徒がもっと聞きたかったなあと思えるくらいが
一番だと思います。(1分半から2分ほどで皆さん話しておられるようです)

離任式の挨拶 教師が小学校で話す例文1

※ある女性の先生の実際に話した挨拶を記してみました。

○○小学校の皆さん、今日まで本当にありがとうございました。
すごく楽しい時間を過ごすことができました。

すごくエネルギッシュで自分の好きなことには一生懸命取り組もうという
前向きな姿勢がすごくいいなあと思ってみていました。

スポンサーリンク

全校合わせて、挨拶や掃除、当たり前のことを当たり前にやる。
すごく難しいこと。でもそんな大事なことができているすごくすごく
良い子たちだなあと感じていました。

これからもどんどん好きなことに挑戦していってほしいと思います。
何事も為せば成る。為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり。
そんな言葉あります。

どんなことでもできる、というのは
やった分だけ可能性が広がるよ、ということです。できないというのは
やらないということです。

ええーこんなのできないよ、という言葉が聞こえてきます。
でもそれはできないのではなくて、やらないからなのかな。
○○小学校の子供たちは本当にたくさんの可能性を秘めた子たちばかりです。

自分の力を信じてどんなことにでも挑戦してみてください。
必ず道は開けます。

皆さん、今いる先生や仲間を大事にしてください。本当に楽しかったです。
1年間、ありがとうございました。

離任式の挨拶 教師が小学校で話す例文2

皆さん、4週間本当にありがとうございました。
この学校で過ごした日々はとても楽しかったし、自分自身もとても良い
思い出になりました。

これからもっと頑張ってもっと良い先生になりますので
皆さんも楽しく学校生活を送ってください。

ありがとうございました。

まとめ

教師が離任式で話す言葉の例文などをまとめました。

動画などをチェックすると、感動や緊張などで話すことにまとまりがない
挨拶も多かったので、落ち着いて冷静に行うことも心がけてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする