雪道に強い軽自動車はどれ?車の選び方のコツは?

雪は見ている分には綺麗ですし、
一面の銀世界を運転するのは爽快です。
ただし、雪道の裏には危険がひそんでいます。
特に多いのがスリップ事故です。

事故を起こさないように、雪道に強い軽自動車はどれか、
車の選び方のコツを調べてみました。

スポンサーリンク

FF、FR、4WDは雪道でそれぞれどう違う?

自動車はエンジンの駆動力を車輪に伝えることで走ります。
このエンジンと、駆動する車輪の配置の違いで、
FF、FR、4WDの3つに分けることができます。
(MR、RRなどもありますが、軽ではまずみかけないので省略します)

FFとは、エンジンを前方に配置して前輪で駆動する方式のことです。
Fは前方を示すFRONTのFで、
最初のFはエンジンの置き場所、
2番目のFは駆動輪の位置を表します。
つまり、FFとは、エンジンも駆動輪も前にあるということです。
なお、駆動輪とは、前に進めるために回るタイヤのことです。

FRとは、エンジンを前方に配置して後輪で駆動する方式のことで
Fは前方を示すFRONTのF、
Rは後方を示すRearのRで、
最初のFはエンジンの置き場所、
後のRは駆動輪の位置を表します。

4WDとは、4つのタイヤが駆動する方式のことで、全駆(ぜんく)とも呼ばれます。
4WDに対して、FFとFRは、2WDとも呼ばれます。

FF、FR、4WDそれぞれの雪道での特徴を見ていくと、

FFは、登り坂の場合、発進できないことがあります。
これは、前輪の荷重が減少して、駆動輪がスリップするためです。

FFなら、登り坂では、なるべく停止しない様にしましょう。
平坦なところから助走をつけ、できるだけアクセルを一定に保って
登ってしまうのがコツです。

FFは、積雪凍結路でも、登り坂でなければ発進できるのが普通ですが、
FRは、FFよりも、駆動輪にかかる荷重が小さいので、
積雪凍結路での発進時には駆動輪(後輪)が空転しやすく、
発進不能になることがあります。
登り坂だと、FF以上に発進できなくなる率が高くなります。

更にFRはアクセル操作に気を付けないと
スピンしやすいので注意しましょう。

4WDは、2WDであるFRやFFよりも雪道での安全性は高いといえます。
タイヤが空転して埋まってしまい動けなくなる現象をスタックと言いますが、
4WDはこのスタックから脱出にもFFやFRに比べ優れています。

ただし、4WDは2WDに比べ、車体が重いため、
ブレーキでは、制動距離が長めになってしまう不利な点があります。
コーナリング性能もむしろ低下しています。
また、燃費も2WDに比べると悪くなります。
車両価格が高いのも4WDの欠点です。

結論としては、雪道を走るのでしたら、
4WD>FF>FR の順で安全性が高いと言えます。

スポンサーリンク

オートマとマニュアルで違いはある?

基本的にはマニュアル車の方が制御しやすいと言われていましたが、
最近のオートマ車は性能が上がっていますので、
マニュアル車との違いは少なくなっています。

ただ、オートマ車はエンジンブレーキがマニュアル車と比べるとききにくいので、
ブレーキを踏む回数が多くなり、それだけ事故につながりやすくはなります。

ただ、オートマ車でも、オーバードライブをはずしたり、
セカンドに入れたりすることで、エンジンブレーキがある程度使えます。

また、複雑な操作をしなくても良いだけ、オートマ車の方が楽かもしれません。

マニュアル車は、急にクラッチをつなぐと、駆動輪が空まわりして進めないことがありますので、
マニュアル車の操作が苦手な人は、オートマ車の方が逆に安全かもしれません。

どのメーカー、車種がおすすめ?(数車)

まず、おすすめなのが、スズキの「ジムニー(JIMNY)」です。

1970年に誕生した本格的軽クロスカントリーの代表で、雪道でも強いことで有名です。
下記のトラックを雪道でひく影像は圧巻です。

次におすすめなのが、三菱のパジェロミニです。
先にあげたジムニーと同様、軽のSUV的な存在なので悪路走破性は高いです。

次におすすめなのが、ホンダのN BOXです。
これには軽には珍しい横滑り防止機能が付いています。

横滑り防止装置は、タイヤの滑りを感知し、横滑りが大きくならないよう、
アクセルとブレーキを制御して、スピンや外側に膨らむのを防止してくれます。
横滑り防止だけで安全性が極端に上がるわけではないですが、
無いよりはあった方が安全性は高まります。

まとめ

雪に強い軽自動車として、ジムニー、パジェロミニ、N BOXをあげましたが、
これらの車でなくても、
スタッドレスタイヤを使用して、ABSの付いた車であれば、
通常の雪道であれば問題無いという意見もあります。

車の性能も大切ですが、急ハンドル、急発進をしないなど運転の技術も大切です。

雪道には雪道特有の運転方法がありますが、
まずは、ゆっくりとした運転を心掛けることが一番重要です。

装備と運転技術と心の余裕が雪道を安全に走る為の必須項目ですね。

*合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>車の窓の油膜取りでおすすめは?洗剤、スプレーを厳選してご紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする