RSウイルスの症状は?潜伏期間、検査方法、対処法など

秋から冬になると、風邪やインフルエンザなどのウイルスによる
感染症が多くなってきます。

その中でも、子供(特に乳幼児)が感染した時に注意が必要な、
RSウイルスによる症状、潜伏期間、検査方法、対処法などを
御紹介していきます。

スポンサーリンク

RSウイルスとは? 症状は?(子供の場合、大人の場合)

RSウイルスとは、正式には(respiratory syncytial virus)という
長い名称(笑)のウイルスです。

RS(呼吸器合胞体)という名前が示す通り、人間の呼吸にとって大切な
気道や肺に炎症を起こします。

RSウイルスは、会話、くしゃみ、咳などによって、唾液や鼻水が
飛ぶ飛沫感染や、RSウイルスが付着した手で触った物に他の人が
触る事による接触感染などで、感染が広がっていきます。

RSウイルスの症状としては、普通の風邪に見られるような
気道の炎症による、鼻水、咳、発熱などの症状が現れます。

しかし、インフルエンザに見られるような、39℃を超える高熱に
なるような事はあまりありません。

RSウイルスには、子供の時に誰でも感染しているとされ、
0歳から1歳未満の乳児では、約半分の50%程度が感染している
とされています。

また、1歳以上の幼児では、2歳になるまでの間には、
ほぼ100%の子供が1度は感染していると言われています。

このように、誰でも1度は感染しているとされるRSウイルスですが、
生後数週間から数ヶ月の乳児期早期では、症状が悪化して肺の中にある
細気管支が炎症を起こし、ゼイゼイやヒューヒューといった喘鳴を伴った
呼吸困難を起こす場合もあるので油断は禁物です。

また、このような症状から、喘息と間違われて診断される場合もあるので
注意が必要です。

RSウイルスに感染しても、通常は重症化することはありませんが、
もともと呼吸器や心臓が弱かったり、免疫力が弱いなどの基礎疾患が
ある場合は重症化する事もあるので、早期の治療が必要です。

成長する過程でRSウイルスには何度も感染しますが、症状は徐々に
軽くなっていくとされ、大人では軽い鼻風邪程度の症状の場合が
多いようです。

しかし、高齢者になって、呼吸器や心臓の働きが弱くなったり
免疫力が落ちてくると、乳幼児と同様に肺炎などの重症化する
場合があるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

RSウイルスの潜伏期間は?

RSウイルスの潜伏期間は、概ね2~8日程度と言われており、
だいたい4~6日の間に発症することが多いようです。

また、感染による症状が消えてからも、1~3週間程度は感染する場合が
あるとされていますので、注意が必要です。

RSウイルスの検査方法は?

RSウイルスに感染した症状は、普通の風邪と似ているので、
そのまま風邪と診断されて処置が行われる場合も多いようです。

RSウイルスによる感染が疑われる時は、鼻汁を採取して
RSウイルスの抗原を検出する簡易キットもあるので、
病院を受診された時に、お医者さんに確認してみましょう。

感染経路は?感染予防法について

RSウイルスによる感染経路としては、会話、くしゃみ、咳などによる
飛沫感染や、RSウイルスが付着した手などで触ったものから感染する
接触感染が主なもので、空気感染はしないと言われています。

そのため、飛沫感染の予防としては、感染者が飛沫を飛ばさないようにしたり、
他の人が飛沫を吸い込まないようにするための、マスクの着用が有効です。

また、接触感染の予防としては、子供が触ったオモチャやドアノブなど、
多くの人が触れる場所を消毒するのが有効です。

RSウイルスは感染力が強いので、幼稚園、保育園などの
子供が多く集まる施設や、養老院、介護所などの高齢者が
多く集まる施設では注意が必要です。

そのような場所で働かれる、保育士、介護職、ヘルパーなどの方々は、
こまめに手洗いやうがいなどをして、自らが感染源にならないように
注意をして下さいね。

まとめ

RSウイルスによる感染症について御紹介していきましたが、
いかがだったでしょうか。

将来的には分りませんが、2014年現在ではRSウイルスに有効な
ワクチンなどは開発されておらず、特効薬的な薬もありません。

そのため、RSウイルスによる感染と診断されても、点滴や水分補給などで
症状を和らげるための対症療法による治療となります。

秋から冬にかけての季節の変わり目などは、免疫力も低下しがちですので、
栄養、水分、睡眠を十分にとって、体力が落ちないように気をつけましょう。

※合わせてよく読まれている記事
>>RSウィルス感染症にかかったら保育園の登園許可はいつから出る?
>>RSウィルス感染症にかかったら保育園の登園許可はいつから出る?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする