お花見会で盛り上がるゲームのおすすめはコレ!大人数でもできるのは?

ohanami-ge-muosusume

お花見のシーズンが近づいていますね。御団子やお花もいいけどゲームはすごく盛り上がります。
しかもただのゲームではなく、参加した人の性格や傾向を見抜いた趣向を凝らしたゲームは
喜ばれます。またやって、と言われるかもですね。そんなゲームを調査してみましたよ。

スポンサーリンク

花見で盛り上がるゲームのおすすめ 10人以下用

◎汚れても大丈夫、二人羽織ゲーム(2人以上)

二人一組でも行えるし、何組かを作れます。羽織の中に二人が入り、後ろの人が前の人の手の役を
するというゲーム。男女ペアならちょっとドキドキです。お食事やお化粧などをすると盛り上がります。

◎お口でキャッチ!マシュマロマン!

受け手と落とし手のペアを作ります。受け手は新聞紙の上に寝転がり、落とし手はアイマスクを付けて
椅子などの高い位置からマシュマロを受け手のお口めがけて落として見事キャッチできたら成功!

落とし手はアイマスクを付けているので、受け手が「右」とか「もっと下」など指示を与えます。
ちなみに失敗したマシュマロは必ず食べることが条件のようです。

花見で盛り上がるゲームのおすすめ 大人数(10人以上用)

◎チーム対抗の運、頭脳、体力の勝ち抜きゲーム(12人以上)

3人一組でチームを複数作ります。4チームほどあったらいいので12人ほどほしいですね。
運だけでなく、頭脳や体力勝負もあるので偏りがなく男女混合でも大丈夫です。以下の3ゲーム。

① 1ゲーム目「運」

定番ですが、お寿司を用意して一つだけに強力なわさび入りを作ります。チームごとに一つずつ食べて
いき、わさびに当たったチームが脱落となります。まさに運だけが勝負を決めるゲームです。

スポンサーリンク

② 2ゲーム目「頭脳」

読み上げ計算をしてもらいます。ただ電卓を使います。1桁から8桁のあらかじめ用意しておいた数字を
読み上げて計算してもらい、早く答えた人が勝ち。最後に答えた人が負けです。間違いも負け。

③ 3ゲーム目「体力」

最後は腕相撲団体戦。3本勝負。これに勝ったチームが優勝です。
このように運がいい人、頭が切れる人、体力に自信のある人を選び総合力での勝負、なかなか面白い。

◎欲張りはだれだ!ゲーム(12人以上)

4人一組を幾つか作ります。4人で新聞紙一枚を四方から引っ張り、一番多く新聞紙をもぎ取った人が
勝ちです。これを続けて一番最後に新聞紙をもぎ取った人が優勝となります。地味な感じですが、BGM
などを効果的に使うと結構盛り上がります。

お花見メイドさんの罰ゲーム

花見ゲームの景品はどんなものが良い?

高額景品から100均でそろえたものまで色々ありますが、好評だったというものを以下にあげて
みましたので、参考にしてみてくださいね。(あまり差がつくと面白くないという意見が)

1位―お食事券2枚セットペア(5000円相当)
2位―和菓子詰め合わせ箱詰め(3000円相当)
3位―ショートケーキ、大福、駄菓子などおつまみ系―(100円から300円相当)

まとめ

今回はお花見のゲームや景品などをまとめてみました。最近はお花見をして御団子食べるだけ
だったので、ゲームもすごく楽しそうですね、わたしもすごくやってみたくなりました。幹事さんは
大変ですが、それだけ喜ばれるのでやりがいもありますね。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>お花見での始まり、乾杯、締め(閉会)の挨拶のポイントと例文

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする