毛虫の退治駆除方法。庭木の高いところにいる場合の安全なやり方は?

庭の木にいる毛虫を駆除したいなあと思っても、高い場所の作業なので
どうやろうか、安全に行える方法って何があるか悩まれていませんか?

高い場所でも道具を使えば、楽々、また安全に作業できます。また安全な
方法って意外と人に知られていないのが実情です。そこで今回は高い場所での
毛虫駆除の安全な方法について調査してみました。

スポンサーリンク

毛虫の退治駆除方法で庭木の高いところにいる場合、使う道具は?

◎毛虫駆除スプレー

アマゾンや楽天で検索するとほぼ毛虫駆除のスプレーが出てきます。やや離れた所でも
噴射できるジェット式があり、これもほぼ5メートルが標準です。ただジェット式には
少し難があり、無風でないとうまく届きませんし、自分にかかってしまいます。

他にも殺虫成分が強すぎる場合も植物の葉がやられてしまうことがあります。例えば
「ケムシがコロリ」は合成ピレスロイドの殺虫成分「ペルメトリン」が配合されています。
これは家庭用のゴキブリ駆除殺虫剤でも使われている強力なものですが、いかんせん
強すぎるようです。

ちなみにケムシ駆除と言えば、ほぼターゲットの虫が「チャドクガ」です。本当に毛虫と
言わんばかりの毛がツンツンしている刺さると痛そうな毛虫です。これは身の危険を感じると
毒針毛を放出するので、危ないです。

そのためにスプレーではなく、毒針毛固着剤も売っています。これは毛虫ごと固めてしまう
ものです。殺虫成分はなく、物理的に駆除します。

◎噴射器

業務用の噴射器です。ノズルがあってある程度、離れた場所に噴射できます。これは
ジェット式と違うのでノズルを近づけながらほぼ毛虫に直接噴射できます。
アマゾンでは一緒にトレボンMCという農薬で使われる薬剤がついているものがあります。
水で薄めて使うものなので、大量にあり、量を気にせずに使えます。

◎スプレー延長キット

スプレーを挟んで長いポールで高いところでも楽々噴射できるキットです。これも限りなく
近くで噴射できますので、便利です。例えば「エアロング」という商品は伸縮が3段階
行えて色んな場所で使えます。ちなみに噴射器は上から押しこむタイプだけ対応してます。
横から握るトリガータイプやキャップ一体型は使用できません。

◎脚立

やはり高い所といえば脚立ですね。色んなタイプや長さがありますので、自分に合った
ものを選んでみてください。高さは30センチから79センチ、1メートルなどあります。
一番高いのは5メートルがあります。伸縮できるタイプもありました。
他にも天板幅広の横に歩けるタイプがあり、使いやすそうです。

スポンサーリンク

毛虫の退治駆除方法で庭木の高いところにいる場合の安全なやり方

◎マスクやゴーグル装着

高い場所だからというわけではないですが、ほぼ高いところでスプレーをしますので
駆除剤を吸い込むことがないようにマスクとゴーグルを付けた方が安全ですね。
農薬散布用のマスクもあるのでお試しください。

◎脚立に安全ストッパーを付ける

この安全ストッパーとは、段差がある場合に高さを水平に調整できるものです。庭で
作業を行う場合、段差のある場所ってありますね。外で使うと意外とガタガタするかも
しれません。使う状況によりますが、あった方がいいかもしれませんね。

◎脚立の安全使用方法

以下のことは危険なので行わないようにと、されています。

・天板に乗らない
・脚立に跨らない
・天板に座らない
・脚立から身を乗り出さない
・上向き業をしない
・はしごの裏面を使用していない
・開き止めがとまっていない状態で使用しない

意外とやっていることでビックリしました。最初の3つはバランスを崩して転落や
転倒の危険があるからです。脚立での作業は天板から2-3段目の踏ざんに乗り
天板や踏ざんに体を当て安定させた状態で作業することになっています。

はしご兼、脚立として使用する場合は、立てかけ角度は75度、裏面が接地する
ようにし、必ず大人の補助者がささえます。上向き作業もよくやってしまいますが
バランス感覚を失いやすく、転落や転倒の危険があります。
そして最後に本当はヘルメットも必要なんですよ。

使用方法には書かれていませんが、よく軽作業で行う方がいます。ちょっと行う
つもりでしょうが、サンダルでやったり、半袖など薄着で行うと危険です。
高さもそうですが、毛虫駆除ということで、刺されたりしないように長袖や手袋を
してから行った方がより安全でしょう。

ちなみに「ケムシ駆除作業」ではないでしょうが、毎年、はしご等の作業によって
30人弱の労働者が転倒・転落により亡くなっていると報告されています。
骨折やケガはもっと多いということですね、注意しましょう。

まとめ

庭木など高い場所での毛虫駆除の安全な方法をまとめてみました。

毛虫駆除くらい・・と思うかもしれませんが、こういう安全対策を怠るので大きな
怪我や事故が起きてしまうのでしょうね。便利な道具を駆使しながら
安全に作業できるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする