賞味期限切れの卵は食べられる?加熱して使えるレシピ

shoumikigengirenotamagohatabereru

「この卵だいじょうぶかなぁ。まあ、火を通せば大丈夫だろう。」と、
悩んだ挙句、目玉焼きにして食べたらなんともなかった、あるいは下痢になったという方もいるのではないでしょうか?

賞味期限とは、おいしく食べることができる期限のことですが、賞味期限が過ぎた食品は、ただちに品質に問題が出るという意味ではありません。

そうは言っても生の食品、特に卵については、神経質になる方が多いようです。
たとえ賞味期限切れの卵であっても、正しい知識があれば、おいしく食べる事ができます。

スポンサーリンク

賞味期限切れで食べたら腹痛、下痢になる?

さて、賞味期限が切れた卵を食べるとどうなるのでしょうか?
それは、卵の状態によって違いがあります。

まず、最初に注意しなくてはいけない点は、2点です。
・殻にヒビが入っていないか?
・殻を割ったら際、すでに黄身が割れていないか?

こういった場合は、食中毒のサルモネラ菌などが増殖していることがあります。
うっかり食べてしまうと、食後おおむね6~72時間後に症状(腹痛、下痢、発熱、嘔吐)が出てきます。
食中毒は、命の危険さえありますので、こういった卵はあきらめて処分しましょう。

スポンサーリンク

加熱したら大丈夫?

殻にヒビがなく、黄身も割れていない卵であれば、加熱することで菌を死滅させることが出来るので、賞味期限切れの卵でも食べることはできます。

ただし、その他にも注意しなくてはならないことがあります。

ゆで卵は日持ちしませんし、食べようとして割った生卵を冷蔵保存したものは、できるだけ早く食べた方が良いです。
また、卵を入れたホットケーキミックスやお好み焼きの調理準備したまま常温で放置してしまうというのは、案外忘れがちな点です。

賞味期限切れでも使えるレシピいくつか

賞味期限切れの卵はすべてが危険ではないということはご理解いただけたでしょうか?
繰り返しになりますが、殻にヒビがなく黄身が割れていなければ、加熱することで食べられます。

ところで、卵を加熱するレシピと言えば、何が思い当りますか?
目玉焼きやオムレツは、うっかりすると半熟の部分が残りますので対象外として、チャーハンはお手軽レシピですね。

そうです、炒めものに使うのが一番安心です。
先に卵を炒め、さらに他の具材を入れて炒めるのでまんべんなく火が通ります。
例えば、えのきや青梗菜と一緒にゴマ油で炒める食感と風味の良い炒めものになりますよ。

まとめ

賞味期限切れ卵を使ったレシピは、工夫しだいでバリエーションが広がりそうです。
あなたもぜひ一度、お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする