日吉大社山王祭2016の見どころ。駐車場はどこに停めれる?

日吉大社山王祭はお祭りというよりは神事です。
神様とともに祝う。そんな表現がピッタリ。

神様とともに楽しむ神聖で厳かなお祭り。
心穏やかに、とは周囲がさせてくれないかも知れませんが、
そんな心境で、日本を感じてみて下さいね。

スポンサーリンク

日吉大社山王祭2016の見どころは?

日時:4月12日~4月15日
日吉大社所在地:滋賀県大津市坂本5-1-1
お問い合わせ:宗教法人 日吉大社
       TEL:077-578-0009
       FAX:077-578-0134
       E-mail:info@hiyoshitaisha.jp

日吉大社山王祭の見どころは、神輿が練り歩く神輿渡御。
14日お昼から7基の神輿は神社を出て町内を巡り、琵琶湖上へと進みます。

桜並木を進む神輿行列は絶景です。必見の価値ありですよ。
タイムスリップの感覚を味わってください。

本当はね、全部見どころっていってもいいぐらいなんです。
エンタメ的に楽しめる部分もあるので、それぞれの感性できっと
感動のツボが違うんじゃないかと。。。

それもこの山王祭の魅力ですね。

祭り期間最中に行われるイベント内容、スケジュールについて

時系列で紹介しますね。

4月12日の行事

午の神事 

18:30⇒読み上げ式(生源寺)
20:30⇒奥宮出発
21:00⇒神輿が麓に到着
21:20⇒神事(東本宮)

暗闇の中、松明の火だけを頼りに急坂を下ります。
その姿はいかにも勇壮。祭りの雰囲気がグッと盛り上がりますよ。

4月13日の行事

花渡り式  13:00

スポンサーリンク

甲冑を着た子供が満開の桜並木の中を歩きます。
可愛らしく華やかで、さらに優雅。別世界を味わって下さい。

宵宮落とし神事 

18:30⇒読み上げ式(生源寺にて)
19:00⇒神輿振り(大政所にて)
20:30⇒儀式
21:00⇒西本宮に到着

山王祭のイベントの中で最も勇壮な神事です。

4基の神輿が参加します。で、この4基の神輿が一斉に1メートル以上の高さから地面に落とされます。
実はこれが神様の誕生の瞬間を表しているんです。
知らないとビックリしちゃいますよね。

西本宮に到着すると、3基の神輿と合流します。
ここで山王神輿7基が揃うことになります。圧巻ですよ。

4月14日の行事

例祭  10:00

7基の山王神輿の前で執り行われます
西本宮で行われる神事としては年間最大のイベントになります。

神輿渡御  14:30

7基の神輿が琵琶湖を渡ります。美しく迫力があります。
スケールの大きさを感じずにはいられないでしょう。

大河ドラマを連想する人も多いでしょうね。

日吉大社山王祭、駐車場はどこに停めれる?

境内の駐車場は最大50台ほど。少ないです。
臨時駐車場については、最初の記事に記載の電話番号までお問い合わせ下さい。

日吉大社のホームページでもパークアンドライドを勧めています。
このあたりも問い合わせてみるのが効率が良いと思います。
地元の情報は頼りになりますからね。

まとめ

この時期、日吉大社の表参道には約300本の桜が咲き乱れます。
桜吹雪の中を荘厳に進む一大絵巻き。

しっかり溶け込んでその気になって、日吉大社山王祭を100%楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする