結婚式招待状の返信、欠席する場合はどうしたらいい?書き方は?

長い人生を歩んでいると、人付き合いはもちろん知人や友人も増え、
結婚式に招待されるといったこともありますよね。

でも出席すると返事をしておいても、思っていた通りにはいかなくなる場合もあります。
今回は、結婚式に参加出来ない場合の、返信ハガキの書き方や対処の仕方を挙げてみました。

スポンサーリンク

招待状の返信 欠席する場合の書き方は(表面)

返信ハガキの表面には、返信先の住所や名前があらかじめ印字されています。
宛名の下に印字されている、「行」という文字を丁寧に二重線で消し、
その横に「様」と書き足しましょう。

ここで気を付けておきたいのは、「行」の文字が見えなくなるくらいに、
何重にも線を引いたり、黒く塗りつぶしてはいけません。
出来れば、定規などを使いまっすぐで綺麗な線を引きましょうね。

招待状の返信 欠席する場合の書き方は(裏面)

ハガキの裏面には、「御出席」「御欠席」「ご住所」「ご芳名」といった風に、
各項目に「御」または「ご」といった文字が印字されています。

欠席する場合は「欠席」を丸で囲み、「ご出席」を二重線で消します。
同様に、各項目の「御」「ご」も丁寧に消していきましょう。

見落としがあるといけないので、何度か確認して消し忘れがないか、
必ずチェックしましょうね。

もう一つ忘れてはいけないのは、メッセージです。
ハガキの余白の部分に、欠席の理由や出席できず申し訳ないと言う思いなどを、
お祝いの言葉と一緒に書き添えておきましょう。

メッセージの例文

書き添えるメッセージの内容も気を付けなければなりません。
多忙・体調不良・金銭面での都合・身内の不幸や法事など、
ネガティブな内容は、お祝い事には向かないため書かないように注意。
その場合、「やむをえない事情があり」「どうしても都合がつかず」と言った言葉で、
はっきりとした内容は伏せるようにしましょう。

出産・仕事・他の結婚式と重なったといった場合などの、
ポジティブな内容は詳しい事情を書いても大丈夫です。

例文1:弔事など不幸があって欠席する場合

スポンサーリンク

・ご結婚おめでとうございます。どうしても都合がつかずやむなく欠席させていただきます。
・この度はおめでとうございます。
 せっかくお招きいただきましたが、あいにく先約がございまして欠席させていただきます。

例文2:祝い事で欠席の場合

・この度はおめでとうございます。
 お招きいただき大変うれしいのですが、残念ながら先約があり出席することができません。

例文3:夫婦で誘われたが、一人だけで出席する場合

・ご結婚おめでとうございます。
 あいにくですが、妻は出産予定日が近いため、私のみ出席をさせて頂きます。
・ぜひともお祝いにかけつけたいと思っているのですが、
 あいにく夫はどうしても外せない所用がございますので、妻のみ出席させていただきます。

この例文のような文章の後ろには、下記のような文章も書くようにしましょう。
・お二人のお幸せをお祈り申し上げます。
・末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます。
・素敵な御式になりますように。

お祝いなど、どのようにしたら良い?

前もって欠席する事を伝えておいた場合は、半額程度のお祝い金とお祝いの品を、
結婚式の前に届くように送るか、手渡しをしましょう。

突然行けなくなった場合は、すでに招待する側の方は出席と思い、
披露宴のお料理や引き出物などを用意していますので、
本来持参する予定だった金額を、そのままご祝儀袋に入れて渡すのがマナーです。

最後に

返信ハガキに書き込む時の筆記用具は、
本来、筆や万年筆を使って書くのが良いとされていますが、
どうしても書けない場合は、ペンでも大丈夫です。
ただし、使う墨やインクは、必ず黒を使うようにして下さい。

親しい友人などの結婚式の場合、事前に結婚式をすることを、
直接聞いたり、メールや電話などで知らされる事があると思います。

その時に口頭で出欠を伝えたとしても、
ハガキは必ず返信をするのがマナーになっていますので、
忘れないように注意して下さいね。

※【合わせてよく読まれている記事はコチラ】
>>電報結婚式で人気なのは?もらってうれしい、おしゃれでオススメな電報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする