東京スカイツリーイルミネーション2016 デートで楽しく過ごせる情報

東京スカイツリーは、地上波や携帯端末向けのデジタル放送や、
観光・商業施設としての役割が期待されて、2012年2月29日に
竣工しました。

伝統的な日本建築などにみられる「そり」や「むくり」を意識した
デザインが採用された東京スカイツリーは、日本の伝統美と最先端の
テクノロジーが融合した美しい建築物となっています。

また、東京スカイツリーは、構造的な美しさだけではなく、
1,995台ものLEDが織りなす、「粋」や「雅」などの
幻想的な光の演出も見どころの一つです。

こちらでは、デートスポットとしても有名な、東京スカイツリーの
イルミネーションについて主に御紹介していきます。

スポンサーリンク

東京スカイツリーイルミネーションの見どころは?

東京スカイツリーは、心意気を示す「粋」と美意識を示す「雅」の
イルミネーションが日替わりでライティングされていますが、
11月より金~日曜日にかけて、限定ライティングが行われます。

この限定ライティングは、東京スカイツリーを「世界一高いクリスマスツリー」や
「キャンドル」に見立てたライティングが行われます。

初日となる11月1日は、18:00に「粋」のライティングが消され、
もみの木をイメージした「シャンパンツリー」が点灯される予定に
なっています。

その後、キャンドルの炎をイメージした「キャンドルツリー」と、
白いベールをイメージした「ホワイトツリー」の合計3パターンが、
金曜、土曜、日曜と、交替でライティングされる予定です。

クリスマスの2週間前になる12月11日からは、毎日交替でライティング
されるようになり、12月12日からは、東京スカイツリータウンの壁面に
投影されるプロジェクションマッピングと連動した映像が、投影される
予定になっています。

「世界一高いクリスマスツリーの下で、この時だけの美しい光の中で、
みんなの願いを叶えたい」という想いが込められた限定ライティングは、
特別な夜を過ごす二人のデートには、最高の場所となるでしょう。

期間はいつからいつまで?料金は?

東京スカイツリーの限定イルミネーションのライティングは、
「東京スカイツリータウン ドリームクリスマス2016」が行われる
11月1日~12月25日に連動して、ライトアップが行われます。

外から見る限りでは料金は不要です(笑)が、今年が初開催となる、
「世界一大きなクリスマスツリーであったかいキラめくクリスマスを」を
テーマに、展望デッキフロアー350行われる「館内装飾」を見るには、
展望台入場料金が必要になります。

「世界一大きなクリスマスツリーに見立てた東京スカイツリーに、
ビッグサンタが現れた」というストーリーで構成された館内装飾は、
外から展望台の中を覗くビッグサンタや、大きな手袋・ブーツなどが
装飾されるなど、子供も大人も楽しい時間が過ごせそうです。

東京スカイツリー展望台への入場料金は、日時が指定できる
「事前日時指定券」が、18歳以上の大人で2,570円、
「当日入場券」が、18歳以上の大人で2,060円となっています。

展望台への「最終入場時間」は、21:00までとなっているので、
「営業時間」の22:00までと間違わないようにしましょう。

3Dプロジェクションマッピング2016年の開催は?

スポンサーリンク

2013年には、東京スカイツリータウン4階のスカイアリーナで
行われた3Dプロジェクションマッピングですが、
2014年は、東京スカイツリータウン5、6、7階の壁面部と、
初めて東京スカイツリー塔体にもプロジェクションマッピングが施され、
昨年よりも、さらに大規模なものになりました。

2016年プロジェクションマッピングの開催期間は、12月12日~12月25日と
なっております。

今年も楽しみですね!

スカイツリー、イルミネーション以外の楽しみ方は?

東京スカイツリーは、その構造的な美しさやイルミネーションなど、
つい、外からの美しさを楽しむ方に目が行きがちです。

しかし、約634mという高さを活かした、天望デッキや天望回廊から
見渡す東京のパノラマ風景は格別です。

東京スカイツリー天望デッキは3層のフロアに分かれており、
フロア340には、高所恐怖症の人にはツライ(笑)ガラス床が、
フロア345には、オフィシャルショップやレストランが、
フロア350には、展望回廊へのチケットカウンターや記念写真が
撮影できるフォトサービスなどがあります。

また、地上450mにもなる天望回廊では、まるで空中散歩を楽しんで
いるかのような気分が味わえます。

東京スカイツリー天望回廊へは、シースルーの天望シャトルに乗って、
天望デッキフロア350から天望回廊フロア445へとアクセスします。

フロア445からは、最上階となるフロア450へ続くスロープ状の
天望回廊を歩きながら景色を楽しむことができます。

最高到達点の451.2mとなる「ソラカラポイント」がある
フロア450では、ここからでしか見ることができない東京の
街並みと、地球の丸さまでも感じていただけることができます。

その他にも、東京スカイツリータウン内には、コニカミノルタプラネタリウムの
「天空」や「すみだ水族館」などの施設や、ショッピングや食事も楽しめる
「東京ソラマチ」があるので、楽しいデートの時間を過ごすことができると思います。

まとめ

東京スカイツリーのイルミネーションにまつわる情報を紹介していきましたが、
如何だったでしょうか。

東京スカイツリーは、外から見ても中から見ても楽しめる、デートには
お勧めのスポットだと思います。

また、東京スカイツリーのお膝元である東京スカイツリータウンでも、
楽しい時間を過ごすことができるので、デート中に時間が余って困って
しまうといったことも無いと思います。

どちらの施設でも、期間限定のイベントなどを行っていますので、
こまめにチェックをされて、楽しいデートプランを練って下さいね。

【合せて良く読まれている記事はコチラ】
スカイツリーが見えるレストラン・カフェ・バー情報。デートや女子会に最適。
イルミネーション東京2016年冬の穴場スポット厳選3選。 いつもと違う楽しみ方
東京イルミネーション2016-2017年冬のオススメスポットは?ここがキレイ!

スポンサーリンク