果糖ぶどう糖液糖と砂糖の違いは?太りやすい?添加物、毒性は?

黒糖ぶどう糖液糖は安く甘みがあるために、いろんな場所で使用されていることを知っていましたか?
便利なものと思いきや、びっくりするような落とし穴もありました。今回はこの黒糖ぶどう糖液糖が
砂糖とどう違うのか、体への影響はどうなのかなどについて調査してみました。

体に取り入れる、あまりに身近なものなので知っておいて損はありません。
特に子供たちがいるお母さんたちには参考になる情報ですよ。

スポンサーリンク

果糖ぶどう糖液糖と砂糖の違いは?

果糖ぶどう糖液糖は、でんぷんで作られる甘味料です。
砂糖との違いを製作する側、メーカー側の観点から見てみました。

このぶどう糖の甘みは好まれやすく、コーヒーやジュース、タレなどに甘みを加えるのに
使われ始めました。

これが砂糖を使うとなると、一度溶かすという手間がかかってしまいます。

しかしこのぶどう糖液糖は
最初から液体なので手間が省けて効率よく行うことができます。

これにより多くの企業が使うようになりました。
では太りやすいという点では砂糖とどう違うのか、以下に記してみました。

※砂糖よりも甘味が口に残らない点もあげられています。

果糖ぶどう糖液糖は太りやすい?カロリーは?

果糖ぶどう糖液糖は太りやすいのか、プリストン大学の研究チームの検証結果は興味深いものです。

2匹のネズミにそれぞれ砂糖水と果糖ぶどう糖液糖を加えた水を飲ませた結果

黒糖ぶどう糖液糖の水を飲んでいたネズミは、

他のネズミよりも体重が増加したそうです。

加えて、興味深いのは体重が増えただけではなく、
メタボリックのような症状が出たということです。

肥満の症状が出たことで、糖尿病やガンなどのリスクが高まるので大きな問題だとされています。

スポンサーリンク

カロリーに関しては確定ではないので、参考までにしてほしいのですが、黒糖自体、炭水化物が少なく
ミネラルが含まれているために砂糖よりもカロリーは少ないようです。実質、100グラム当たりでは
30キロカロリーほど少ないようです。

果糖ぶどう糖液糖の添加物、毒性は?

黒糖ぶどう糖液糖の添加物を体内に入れると、砂糖より30倍も多い、強力な活性酵素を発生させます。
これらは細胞と遺伝子を傷つけ、ガンや糖尿病などを発生させる危険物質になります。安価というだけで
あらゆる清涼飲料水に含まれています。

これを毒性というと違うのかもしれませんが、可能性があるならば注意したいところです。

そうなると
あらゆるものがダメになってしまうのですが、食べ過ぎない、飲み過ぎないように意識したいですね。

果糖ぶどう糖液糖が使用されている代表的な例は
コカ・コーラです。

コーラを沸騰させるとどうなるか・・・

衝撃的な動画があります。

これを見ると、コーラを控えようという気になりました。

実際には混合甘味料になりますが、

子供たちに限らず人気がありますよね。
だからこそ、飲み過ぎに注意したいところですね。

まとめ

黒糖ぶどう糖液糖について体内への影響などを中心にまとめてみました。

執筆していて思うのですが、気にし過ぎても何も飲めなくなってしまいますし、
あまり気にせず
体に毒になってしまうのもよくありません。

記事の内容を参考にしてバランスの取れた食生活に
お役立ていただけたら嬉しいです。

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>カリウムが不足するとどうなる?なりやすい病気や改善する食べ物について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする