熱田神宮で初詣。混雑する時間帯は?駐車場には停められる?

御正月といえば、初詣ですね。しかも名古屋の御正月といえば、熱田神宮を外せませんね。
そこで、今回は、熱田神宮で初詣。混雑する時間帯は?駐車場には停められるのかなどをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

熱田神宮の口コミをチェック

私はよく実際にその場所に行ったことがある人の口コミをチェックしています。
口コミ投稿サイト「楽天たびノート」を私はよく見ていますが、
ここは情報がまとまっていてすごく参考になりますよ

check!熱田神宮の口コミをチェック(楽天たびノート)

熱田神宮とは

三種の神器の1つ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社です。剣は、武力の象徴です。
伊勢神宮の次に、格式が高い数ある旧官幣大社の一つでした。

創建時期は、定かではありませんが、西暦113年頃と言われているようです。
産経新聞より、平成25年5月8日が、熱田神宮創祀1900年でした。

また、織田信長が、桶狭間の戦いの前に、必勝祈願をして、願いを叶え、屏を奉納したのです。その屏は、日本三大屏の一つと言われています。

熱田神宮、初詣の参拝者数は毎年どれくらい?

御利益は、心身の美容、家内安全、出世運、邪気を祓い、などにご利益があります。
全国の初詣ランキングベスト10の常連ですので、例年の人出は、約235万人です。

熱田神宮元旦の混雑状況は?

全国の初詣ランキングベスト10の常連の、大人気の神社ですので、
元旦は、もれなく混雑します。

中でも、1番混雑するのは、元旦の午前0時-3時頃は、お祭り状態です。
2番目に混雑するのは、元旦の午前10時-15時頃は、参拝客で、賑わいます。
初詣客で、賑わう時間帯は、どこの神社、仏閣でも同じといえるでしょう。

熱田神宮 三が日で混雑する時間帯、一番混雑していない時間帯は?

1月2日-1月3日の午前10時-15時頃は、参拝客で、非常に賑わいます。

また、元旦の午前4時-午前6時頃は、それほど混雑していません。
実は、元旦の午前8時-午前9時頃は、一番の狙い目だったりします。

1月3日は午後4時を過ぎると、あまり混雑しません。

ただし、三が日は、非常に寒いので、寒さ対策は万全を期しましょう。
カイロを持っていくといいでしょう。

駐車場は停められる?どの辺りが狙い目?

熱田神宮には参拝者用の駐車場が設けられています。
平日は、普通車400台が、駐車可能です。

ですが、熱田神宮では、12/31夜-1/5までは、駐車場が利用できません。

スポンサーリンク

また、熱田神宮周辺では、12/31-1/5まで、交通規制があります。
熱田神宮周辺は、大きな範囲に渡って、車両通行禁止となります。南門付近は、歩行者専用道路となります。

それでも、マイカーで参拝に行きたい方は、

熱田神宮付近の車両通行禁止区域に、かからないパーキングに駐車して、
熱田神宮まで歩きましょう。10分くらい歩くと着きます。

オススメは、

名鉄協商パーキング神宮東口:駐車場台数 368台
名鉄協商パーキング神宮西口:駐車場台数 440台

名鉄協商パーキング神宮東口
名鉄協商パーキング神宮西口

しかし、大渋滞や大混雑に遭う恐れがありますので、
近くの駐車場があるエリアの駅の周辺に、車を置いて電車で、いざ熱田神宮へです。

JR東海道本線、名鉄名古屋本線が通っています。二つの線の近くで探しましょう。
さほど遠くはなく駐車場のある駅はこちらです。

JR東海道本線、名鉄名古屋本線
・金山駅

オススメは、金山駅南駐車場(347台)

金山駅南駐車場

名古屋市営名城線
・伝馬町

オススメは、リパーク名古屋神宮2丁目第3(21台)

リパーク名古屋神宮2丁目第3

熱田神宮近辺の初詣期間の交通規制は、

・12月31日、午後11時-1月1日の午前4時
・1月1日-1月3日の午前9時30分-午後4時30分

午後5時以降、交通規制が解除されると、車は、「いざ熱田神宮へ」状態です。
熱田神宮近辺を目指します。

なので、あっという間に、駐車場待ちの車でいっぱいになることが予想されます。
熱田神宮近辺も、駐車場も、大渋滞でしょう。

ですので、やはり、交通規制が解除となっても、電車を利用されることをオススメします。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回は、熱田神宮で初詣。混雑する時間帯は?駐車場には停められる?等々についてご紹介させていただきました。

これで、熱田神宮の参拝が、幾分、楽になるかと思います。温かくしてお出かけください。

※合わせて良く読まれている記事はコチラ
>>神社の参拝方法。拍手、礼の仕方、願い事、お賽銭について
>>神社の参拝方法。鳥居のくぐり方、口のすすぎ方(手水)、時間帯など

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする