伏見稲荷大社で初詣。混雑する時間帯は?駐車場には停められる?

全国に約3万社あると言われる稲荷大社。

その頂点であり、総本宮が京都の『 伏見稲荷大社 』です。

商売繁盛
産業興隆
交通安全
家内安全
芸能上達
様々な御利益がある守護神として全国各地から初詣に人が訪れます。

美しい千本鳥居も有名で、その他、おもかるとか色々あるらしいです。

今年の年越しは京都で、と思われる方、ぜひ、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

伏見稲荷大社、初詣の参拝者数は毎年どれくらい?

毎年約270万人が初詣に訪れます。

東京の混み具合とは異なりますが、混雑していることは否めません。

元旦の混雑状況は?

私はいつも「楽天たびノート」を見て、実際に伏見稲荷大社に行ったことのある人の口コミをチェックしていますよ。
ここは情報がまとまっているので、どこかに行く時にはすごく役立っています。
伏見稲荷大社の口コミ情報をチェック(楽天たびノート)

お正月三が日混雑は避けられません。

開閉時間は無くいつでも入れるようで、
また授与所は7:00~18時とのこと。

千本神社と奥社付近が最も混むようで、
大晦日から元旦は大変な混み具合。そして、元日はピークだそうです。

伏見稲荷大社に10時までには入ると、
比較的スムーズに移動ができる、という方も。
10時を過ぎてから14時前後は、参拝客で溢れるそうです。

境内はアップダウンが激しく
片道1時間~1時間30分の往復約3時間。
午後、伏見稲荷大社へ向かうと、
帰宅する時は日没になっいる可能性があります。

深夜の時間帯は千本神社あたりが空いています。

参拝のみの方は朝方到着の午前中、
千本神社が目的の方は深夜に行くのがオススメとのこと。

広くアップダウンが激しいので、
履きなれて汚れてもいい靴を選んだほうが良いでしょう。
間違ってもヒールは履いていかないほうが◎

三が日で混雑する時間帯、一番混雑していない時間帯は?

最低でも5日までは混雑する日が続く用です。
できるだけ、空いている時間に参拝したいです。

元日は地元の氏神様へ、
2日は伏見稲荷大社へという方も多いそう。

一番いいのは、三が日をはずして
参拝することですが、
どうしても三が日に参拝したいのなら
電車の始発ぐらいの時間、つまり早朝、
もしくは3日の夕方、16時以降が狙い目です。

また、通常は、お守りやお札を授与してくれる「授与所」は
7時~18時ごろまでとのことですが、三が日は終日ご対応下さるそうです。

スポンサーリンク

ただ、山道の参道は日が暮れると真っ暗で危険です。

日が暮れてからの参拝には、十分、お気を付け下さい。

駐車場は停められる?どの辺りが狙い目?

伏見稲荷大社の駐車場はありますが、初詣期間は閉鎖とのこと。
周辺駐車場も満車状態だそうです。

お正月の初詣期間は
臨時駐車場が周辺にチラホラありますが
注意が必要。

1時間2000円とか、
2時間3000円とか、
俺様価格のよう気がします。

JR 稲荷駅
京阪 伏見稲荷駅
どちらかの駅で下車する事を考え、
ちょっと電車に乗ることも考えてはいかがでしょうか。
少し気楽になると思います。

なにせ、駅からすぐ伏見稲荷大社です。

一番近くの駅は京阪 伏見稲荷の隣りが「 深草駅 」になります。

深草駅には隣接して
有料駐車場があるようですので、もし停めるならこのあたりがオススメです。

リパーク深草駅前
20分 100円
24時間1200円

最大収容台数が14台とのこと。

車場が隣接した駅の利用はいかがでしょうか。
「 六地蔵駅 」

徒歩5分以内にJRと京阪電車があり
稲荷大社まで電車を利用で
約15分~20分程度で到着します。

「 JR六地蔵駅 」もおススメです。

周辺に駐車場もあり、
何より乗り換えも無く
稲荷駅を出てからも少し近いです。

JR六地蔵駅前の駐車場
最大料金 1000円

JR六地蔵駅に最も近く徒歩1分.
駐車台数も約20台と広めの駐車場になっています。

お得な駐車場情報として
イトーヨーカドーのタイムズはいかがでしょうか。

イトーヨーカドー六地蔵店タイムズ
最大料金
平面駐車場で500円
立体駐車場で300円

オールタイム1時間200円

イトーヨーカドー六地蔵店で1000円以上買い物で無料になります。

お買いものもできるのは、
なおうれしいです。

JR六地蔵駅まで徒歩3分の距離になります。

できるだけ、
駅に近くに行って、駐車するというのもありかと思います。

まとめ

年末年始には行事が行われるそうです。

12月31日15:00~ 大祓式、続いて除夜際
1月 1日 6:00~ 歳旦祭
1月 5日12:00~ 大山祭
とのこと。

お正月から5日まで
混雑されのは確定です。

でも、お店などもあるので、
楽しみが増えますね。

気をつけて行ってきてくださいね。

※合わせて良く読まれている記事はコチラ
>>神社の参拝方法。拍手、礼の仕方、願い事、お賽銭について
>>神社の参拝方法。鳥居のくぐり方、口のすすぎ方(手水)、時間帯など

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする