離任式の挨拶で小学校の生徒から先生へ話す際の例文

小学校での離任式で生徒代表として話す言葉って本当に悩みますよね。
実際、1週間前に指示されることもあるそうです。

たくさんの思い出や感謝があるかと思いますが、今回はこれらをまとめて
先生方にきちんとお伝えするポイントや例文をまとめてみましたので
参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

離任式の挨拶 小学校の生徒から先生へ話す際のポイントは?

◎時間

スピーチは3分以内に収めた方が良い印象が残るようです。逆に3分を超えると
長い印象があります。3分は長いようで、しゃべってみると短く感じます。
簡潔に述べるようにしたいですね。

◎感謝の言葉

感謝は欠かせないですね。普通は特定の人1人に語るということは少ないようです。
関節的にお世話になっている方もおられるので注意したいですね。

◎新しい職場への励ましの言葉

先生方も不安を感じてるのかもしれません。新しい職場で元気に、また先生だったらうまくいくとの内容が含まれていると勇気がわくかもしれませんね。

離任式の挨拶 生徒が先生へ話す例文1

先生方おはようございます。
こんな風に先生方のお顔を見て挨拶するのは今日で最後になるのですね。
○○小学校には先生方との良い思い出が本当にたくさん詰まっています。

先生方。先生方の良い指導により私たちは多くを学び、成長することができました。
勉強だけでなく、正直であること、人を許すことなどの特質も学べました。

給食の皆さん。皆さんの作る給食は本当に美味しく栄養あるものでした。みんなが
この時間を楽しみにしていました。本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

校長先生はこの小学校で先生を辞められるのですね。長い間ありがとうございました。
そして本当にお疲れ様でした。

私たちは先生たちがくれた良い言葉、頑張る姿、思い出を忘れません。
4月から新しい先生と共にまた頑張りたいと思います。

どうぞ先生方も新しい学校で頑張ってください。そして○○小学校以上の思い出を作れるように頑張ってください。心から応援しています。

離任式の挨拶 生徒が先生へ話す例文2

春が近づき、花のつぼみもほころび、この○○地域では桜の開花を迎えました。
今年、○○小学校を離任される先生方、今日までご指導、本当にありがとうございました。

1年前不安と緊張が一杯だった私たちを笑顔で接してくださり安心させてくださいました。
クラブ活動や委員会では、一緒にお茶をたてたり、ボールを追いかけたり、活動してくださいましたね。

地方別児童会では集団登校や夏休みの過ごし方について、わたしたちが安全であるよう指導してくださいました。授業や校外学習では勉強は勿論、多くのことを教えてくださいました。

いつもいつも、先生方に見守られて大きくなりました。
そしてまた新しい春が巡ってきます。

桜がすでに満開の頃、先生方にはもうお会いすることができません。教室や廊下などで
先生のあの優しい笑顔に会えなくなると思うと、寂しく悲しい気持ちになります。

それでも私たちは先生から学んだことを忘れずに頑張っていきたいと思っています。
新しいクラス、学年で頑張りますのでどうぞご安心ください。

最後になりますが、先生方いつまでもお元気で
今以上に活躍されることを心から願っております。

まとめ

離任式の挨拶で生徒から先生方への感謝の言葉をまとめました。

それぞれに思い出があるので、一概にまとめることはできませんが
心に響く言葉や思い出があるかと思いますので、よく思い出し選んでみるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする