祝賀会の服装男性の場合。スーツのデザインやネクタイの色は?

祝賀会に出席する場合の男性の服装はどんなものがいいのでしょうか。
通常はあまり頻繁に出席することはない場なのかもしれません。

今回はこの祝賀会への男性の服装はどんなスーツのデザインがいいのか?
ネクタイの色などはどうするのかを調査し、まとめてみました。
祝賀会の規模などによっても違いますが、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

祝賀会の服装男性の場合。気をつけることは?

祝賀会の場合、受賞される方は礼服などで大丈夫だと思いますが、御祝いに
伺う方はビジネススーツが一番です。または紺のクラシックスーツに白いシャツ
紺に白のドットのネクタイなら準礼装になります。

前後しますが、祝賀会の服装は当事者が参加者よりもワンランク上の服装を
します。参加者は主役の受賞者を盛り立てるためにいることになります。

当事者がタキシードの場合、参加者はダンディなスーツまたは黒いベルベット
のスーツにした方がいいでしょう。

祝賀会の服装男性 スーツのデザインとおすすめ

シングルのスーツは定番ですが、あえてダブルスーツがいいかもしれません。
ダブルは前のボタン並びが二つあって上着を重ね合わえる着方です。ボタンも
数種類あり、バリエーションを楽しめます。

何と言ってもフォーマルなクラシックな印象を与えてくれる面でグッドです。

ジェームスダブルスーツ

祝賀会の服装男性 ネクタイの色とおすすめ

祝賀会と言っても幅広いので、無難なのは無地であり、どんな席にも合うのは
ネイビーです。しかし御祝いの席なので顔が明るく見えるパステルカラーなど
いいかもしれませんね。

逆にカジュアルな質感のものやキツイ色は避けた方がいいでしょう。

カルバンクラインのナローネクタイ

スポンサーリンク

光択無地シルクネクタイ(パステル7色)

まとめ

今回は祝賀会のスーツのデザインやネクタイの色などを調査してみました。
最後にまとめとして祝賀会が何時頃開かれるかによって違う服装の用途をまとめました。

昼間専用・出席 ディレクターズスーツ
主催者側    モーニングコート
昼夜兼用・出席 ブラックスーツ
気軽な場合   ダークスーツ

夜間専用・出席 ファンシータキシード
主催者側    タキシード

今回は出席者側でまとめましたが、主催者側・受賞者側で全く違うので
注意して選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする