仮病で会社を休む時に使える理由と、電話連絡の仕方、翌日について

仮病で会社をどうしても休みたい時って誰にでもありますよね。これは
当日にやろうと思ってもなかなか難しいし、仮病や寝坊だと勘違いされて
しまいます。周到な準備が必要です。

そこで今回は仮病で会社を休む時に使える理由と電話連絡の仕方について
調査してみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

仮病で会社を休みたい時に使える理由は?

仮病の場合、抑えておくポイントがあります。外見からは、又は他人からは
症状が確認しづらいものであるべきです。でないと次に出社の時に演技をし
ないといけない場合があります。また一日で治る病気であるべきでしょう。

そういう理由から「頭痛」や「腹痛」がおススメです。自覚症状を外からは
確認しづらいものです。また誰にでも日常的に起きるので説明しやすいです。
ただ頭痛の場合は男性だと弱々しいと思われるので、女性におススメですね。

会社を休みたいのであれば仮病ではなく、本人が行かないといけない役所の
手続きなどがおススメです。通常時間がかかりますし、立ち合いが何時になる
のかわからないことが多いので、好都合です。

スポンサーリンク

仮病で会社を休む時の電話連絡の仕方とコツ

朝連絡する場合は、今日は体調不良でお休みさせてくださいとのメールを上司に
入れておき、上司が出社するタイミングでまた電話を入れると書いておくと
会社側にバタバタ迷惑をかけないし、礼儀も示すことができるので有効です。

更に前の夜に電話連絡する場合は、日曜日が有効です。例えば日曜日の朝から
熱が出て夜まで下がらないということであれば説得力があります。2日続けて
休めますし、次の朝に慌てて連絡するという必要がありません。

仮病で会社を休んだ翌日の振る舞いはどうする?

上記で書いたように、一日で治る病気、他人からは確認、把握できない病気で
あると次の日は演技などせず、普通に振る舞えます。頭痛や腹痛であれば
昨日は酷かったけど、かなり良くなったとか、すっかり良くなったとアピール
することができます。

これが長期間続く病気にしてしまうと、具合が悪い様子や動きにくい演技を
しないといけなくなります。これは面倒です。あと原因不明などの発熱などに
してしまえば、昨日はそうだったのに・・と言えますね。

まとめ

今回は仮病で会社を休む場合の理由や連絡の仕方をまとめてみました。
ただ仮病を何度も使ってしまうような会社であれば、早めに辞めた方がいい
かもしれませんね。本当は使わない方がよいので、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする