就活の最終面接で質問はありますか?と逆質問されたら何を聞けば良い?

syuukatusaisyuumennsetu-shitumonnarimasuka

面接の目的は、どんな人間なのかを見極めることにあります。

・元気です
・やる気あります
・ちゃんと物事を考えています
・ちゃんと世の中を分析しています
といったことを意識して、
聞き返されないように、一発で聞き取れる明瞭さで答えましょう。

多少空回りするぐらいの元気は必要ですよ。

スポンサーリンク

就活面接で質問はありますか?と逆質問されたら何を聞けば良い?

絶対に「ありません」と答えてはいけませんよ。
その時点でやる気なしと判断されると思って下さい。

本気度をアピールする質問をしましょう。
逆質問を求めてきたのは、
・この会社に何を求めてきたのか
・ここで本気でやるつもりはあるのか
といったことを確認するために探りを入れているのです。
そこを埋めるような質問をしましょう。

逆質問の内容は最終面接官が誰なのかによっても違ってきます。

<面接官が現場監督者クラスなら>
「仕事内容」について質問しましょう。

ネタはその会社のホームページなどをチェックして見つけます。
・過去の成功事例
・現在進行中のプロジェクト
などをじっくり読んでみましょう。

例えば、
『御社は○○というヒット商品を業界最安値で販売されて話題
にもなりましたが、コストダウンについてはどのような工夫を
されたのでしょうか?』
など、ちょっと突っ込んで聞いてみましょう。

<面接官が役員クラスなら>
現場から離れている役員には「事業全体」について聞き
ましょう。

『東南アジアへの進出を検討されているとホームページで拝見
しました。具体的にはどの国が候補に上がっているのでしょうか?
またそれはどういった観点からでしょうか?』

私はこれだけこの会社について調べて来たんです。
という部分をアピールして下さい。

スポンサーリンク

質問はありますか?と逆質問されて聞いてはいけないNGな内容は?

自分が調べたら情報が得られるような質問は避けましょう。
うちの会社についてちゃんと調べたの?と思われかねません。

・すでに知っているはずの情報への質問
・掴みどころのない質問
・やる気を疑われる質問
などはNGですよ。

自分が社長になったつもりで考えてください。
最終面接で待遇を聞いてくるような人間をあなたは採用しますか?

『○○支店への配属は可能でしょうか?』といった類の質問は、
部署や仕事内容を選り好みしていると思われます。

他に最終面接でよく聞かれる質問はどんなのがある?

その会社に対するあなたの考え方を間接的に聞かれたり、どんな
姿勢で仕事に取り組むかを確認されると思ってください。

例えばこんな感じで、
・大学では何を学んだか
・なぜそれを学ぼうと思ったのか
・中高時代は何を頑張ったか
・この会社で何をしたいか
大学を会社に置き換えたらわかりますよね。

●地道な努力が研究結果につながることを学んだ
●新しい発展があれば面白いと思った
●一貫して野球に専念して地区代表になった
●しっかり学んでスペックの高い製品を作れるようになりたい
といったように答えると良いでしょう。

焦らずに、面接官の目を見て、
落ち着いて答えるようにしましょう。

■まとめ
関心があるから来たはずなのに、私のことどう思う?って聞いて、
「何も思ってないよ」
って返事が返ってきたらどうですか?ガック~ン、ですよね。

会社も同じです。振られて何も質問しないのはマイナス評価になる
と思ってください。

わからないことは、
「不勉強でわかりません。これからしっかり勉強していきたいと
思います。」
と答えてください。

ただし、時事問題については、普段から情報に触れて、答えられる
ようにしておきましょう。
時事問題の質問に「わかりません」はいけませんよ。

真剣にこの会社で仕事したいと思っている。
面接官にそう思われるように頑張って下さいね。

あなたにオススメの記事はコチラ
>>就活の面接で自己PR。履歴書と同じ内容ではダメ?例文のご紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする