多肉植物、寄せ植えで枯れるのはなぜ?時期、水やり、相性選びのコツ

taniku

多肉植物っていろんな種類があって見てても楽しいですよね。
でも、寄せ植えしたら枯れちゃう、、、どうしたらいいんだろ?
って経験ないですか? なにが原因なのか、寄せ植えするときの
ポイントを解説しましょう。

スポンサーリンク

 多肉植物、寄せ植えで枯れる原因は? 

初心者が陥りやすい多肉植物を枯らす原因は、
水やり、日差し 風通し の三点が原因になる
事が多いです。

水のあげ過ぎ、またはほったらかし過ぎ(笑)
夏の強い日差しに当ててしまっている、
風通しの悪い場所においているなどが原因として
考えられます。

寄せ植えしたんだけど、その真家のどれか一種類だけ
枯れてしまうってことありますよね?
寄せ植えした多肉植物それぞれが、水やり
日差し 風通し を同じおなじタイミングで
必要とするのであれば、いいのですが、
必ずしもそうとは限りません。

なので、その環境にあった植物はよく育ち、
合わなかった植物は枯れてしまいます。

寄せ植えしたすべての植物を上手に育てるには、
難しさはあります。
出来るだけ全部の植物がいい環境になるように
工夫してみましょう。

 多肉植物寄せ植えの時期 

冬型の多肉植物は3月から5月
夏型の多肉植物は9月から11月に
植え替えするのがいいです。

スポンサーリンク

植え替えをする一週間くらい前から水やりを控えます、
土を乾燥した状態にしましょう。

植え替えには多肉植物用の土があります
専用にブレンドされたものを使用するのが
おすすめです。

植え替えをした後は一週間程度そのままにしてから
たっぷり水をあげるようにしましょう。

 多肉植物寄せ植えの相性ってある? 

植物はいろんな環境で育ちますが、よく育っているのは
その環境が好みだから育ちます。

乾燥を好む植物もあれば、水分を多量に必要とする植物も
あり、日陰を好む植物、日当りが良くないと元気がなくなる
寒さに強い、寒さに弱い植物などさまざまです。

それぞれのが好む環境が同じ植物同士を一緒に植える
事がなにより重要です。

 水やりのコツは? 

多肉植物は基本的には乾燥に強いです。
冬の間は水やりは必要ありません。

体内に水分を含んでいるため、表面が渇いたくらいでは
枯れません。
しなっとなったら水やりのサインです、
水のあげ過ぎに注意しましょう。

2〜3週間に一回が目安にはなりますが、
植物の状態を見ながらあげるようにしましょう。

いかがでしたか?

多肉植物は毎日の水やりが不要なので
比較的育てやすい植物です。
それぞれの特性を生かして寄せ植えを楽しんでみましょう

※合わせてよく読まれている記事はコチラ
>>カメムシ対策。ベランダに寄せ付けない万全な方法について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする