葬儀の受付係をする時のマナー。挨拶やお悔やみの言葉、作法について

sougiuketukemana-

葬儀の受付係りをしたことがありますか?葬儀は急に決まるため、受付係りも
急に頼まれることがあるかもしれません。急ではありますが、しっかりと
マナーを守って係りを担当したいものです。

それで今回は葬儀の受付係りをするときのマナーや作法について
調査し、まとめてみました。

スポンサーリンク

葬儀の受付係をする時のマナー。服装や髪型は?

◎男性の場合

上下の黒のスーツ。ワイシャツは白。ネクタイ、靴下、靴は黒。喪服着用。
靴はエナメルなど光るものは不可。

◎女性の場合

黒いワンピース、スーツ、喪服着用。肌を露出するものはNG。
ストッキングは肌色又は黒。靴やバックは黒。

派手な飾りはNG。ハイヒールも低いもので。派手なメイクも控える。
長い髪は後ろでまとめる。慎みある控えめな髪型で。

葬儀の受付係がする挨拶やお悔やみの言葉 シーン別で

◎通常の挨拶

基本的に弔問客のお悔やみの言葉に関しては、喪家側の立場から感謝の気持ちを。
「本日はお忙しい中、ありがとうございます」
「ご会葬ありがとうございます」

◎雨天時の挨拶

「本日は、お足元の悪い中をお越しいただきありがとうございます」

◎ご愁傷さまです、のお悔やみの言葉への挨拶

「ご丁寧に恐れ入ります」

※ありがとうございます、とは決して言わない。

スポンサーリンク

◎香典を出された場合

「お預かりします」

※ありがとうございます、頂戴します、とは言わない。

葬儀の受付係が作法について注意すべき点は?

◎芳名帳の案内の仕方

記帳をお願いする際、「恐れ入りますがご住所とお名前をご記入ください」
と言います。フルネームだけでなく、会社名の記入もお願いします。

◎香典の受け取り方

弔問客が香典を出したら「お預かりします」「ご丁寧にありがとうございます」
と言い、両手で丁寧に受け取ります。香典袋の表書きを確認し、苗字だけの方
には下の名前もお聞きします。

◎返礼品の渡し方

弔問客が記帳を終え、香典を受け取った後に「ありがとうございます」と礼を
言うタイミングで返礼品を渡します。香典が連名になっている場合には全員に
返礼品が行き届くようにして数を確認してお渡しします。

まとめ

今回は葬儀の受付係りのマナーと作法をまとめてみました。

未経験であったとしても最初の人がどうするかを見ていればイメージ
できますし、それほど難しいものではありません。落ち着いてやりましょう。

大事なのは遺族側の立場で弔問客をお迎えすることです。

この記事を読んでいる人に人気の記事はコチラです。
>> 「ご冥福をお祈りします」と「お悔やみを申し上げます」「ご愁傷様です」の使い方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする