就活面接での日程調整メールへの返信のマナー。件名の書き方と例文

syuukatumensetu

就活面接での日程調整メールは必然的にあるものです。しかしこの返信も面接の
評価ポイントに入っています。内容を明確にして、スムーズに調整できるように
しておきたいものですね。

今回は就活面接での日程調整メールへの返信マナーを件名の書き方や
例文を用いて解説します。

スポンサーリンク

就活面接での日程調整メールへの返信マナー。注意すべきポイントは?

◎一日以内に返信する。
日程調整なので、すぐに返信することを心がけましょう。

◎前のメールを消さずに返信

返信内容が消さずに残してあると何の返信メールか一目でわかります。一日
200通ほどのメールをさばくこともあります。消すと面倒なようですね。

◎宛先―本文―署名

まずは会社名・部署名・担当者名。そして本文の最初は自分の大学・名前です。
最後の署名は名前・住所・電話番号・メールアドレスを記入しておきましょう。

※その他もろもろ

適度に改行を入れます。カタカナの場合は全角。英数字は半角。

就活面接での日程調整メールへの返信。件名の書き方

件名は簡潔に、しかも何のメールかわかるようにしましょう。例えば
「面接日程調整のご連絡のお礼」と言う風にします。Re:で送るよりもいいですよ。

スポンサーリンク

もし加えることができるなら、大学名と名前も入れましょう。企業はたくさんの
日程メールを送るのですぐに誰だかわかるようにするのは親切です。

就活面接での日程調整メールへの返信。本文の書き方例文

株式会社○○○○
人事部○○様

○○大学○○部の○○です。
大変お世話になっております。

日程候補のご連絡、誠にありがとうございます。
それでは以下の日程でお願いします。

日時:7月2日 10:00~
場所:株式会社○○本社○○ビル

大変お忙しい中、日程調整していただき、ありがとうございました。
当日は何卒よろしくお願いいたします。

○○大学○○部
○○○○
電話番号・・・・・・・
メールアドレス・・・・・

まとめ

今回は就活面接での日程調整メールへの返信マナーをまとめてみました。

意外とハチャメチャなメールを送る学生がいるようです。
見ると本当に恥ずかしくなります。社会人として認められるメールを
送るようにしましょう。

メールは残りますし、送ったら修正できませんので注意しましょう。
返信メールを書いたら、ダブルチェックが基本です。
読み直しをせずに送らないようにしましょう。

あなたにオススメの記事 
→ 
就活の面接で自己PR。履歴書と同じ内容ではダメ?例文のご紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする